衣川圭太の外遊び日記と一般社団法人マミー(マミー保育園・マミー学童クラブ)の出来事

sotoasobi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 10月 16日 ( 1 )

遊びが一番!こどもたちよ とことん遊べ!

マミーは 9年間の継続した体験活動プログラムを行っています。

*幼児3歳~5歳児の3年間、小学校の6年間

マミーは 佐世保市で 普段の保育の中に 食育、自然体験、環境教育、畑遊び、森遊び、川遊びを取り入れています。

ブログは 2007年2月から11年間の記録が載っています。

マミーは、子どもたちへ「身に着く体験」を目指しています。
体験しただけ、一度きりの体験では 「身に着く」事はありません。
繰り返し行う、ふりかえりをして もう一度「自分の中で整理する」事で体験が身につきます。
そして一番の「身に着く」方法は、子どもたちが その日のあった出来事などを 話すときです。

どうぞ ブログを使って 子どもたちの話を聞いてあげて下さい。

******************************

【大人向き講習会のお知らせ】


■環境教育指導者養成講座 プロジェクトワイルド エデュケーター養成講座

・講座1 幼児向けのグローイングアップワイルド 平成30年10月21日

・講座2 鳥編 平成30年11月18日  *詳しいことは こちらのページをご覧ください。

詳しくは https://sotoasobi.exblog.jp/26950055/

■【福岡で開催】環境教育指導者養成講座 プロジェクトワイルド 

・講座1 幼児向けのグローイングアップワイルド (NEALリーダー養成講座)11月23日~25日

・講座2 本編、水辺編 11月26日(月)

共に 国立夜須高原青少年自然の家にて開催

詳しくはhttps://sotoasobi.exblog.jp/27091789/

■企画中 大人の火おこし講座
*******************************************


マミーでは 子どもたちとの活動の中で 水辺での活動を行っています。
川あそび、カヤックなどを行っていますが 水辺での活動は リスクも大きく伴います。

そこで 川での安全管理 川の知識を学ぶために 「川に学ぶ体験活動協議会(RAC)」の講習会を受けて 様々な方たちに ご指導を 頂きました。

おかげで この夏も 事故ゼロの活動ができました!

マミーでの野外での安全管理の基礎にもなっています。

毎年 日本各地で 全国大会が行われていて 今年で18回目!

まだまだ 長崎県の川では ほとんど安全管理が行われていない中 20年前からこのような活動が行われている事に 初めはびっくりしました。

そして 今回の全国大会のテーマが「水辺活動に育つ力」ということで 

圭太も 全国大会へ参加する事になりました!

12日(金)12:20発の飛行機に乗るために マミーを9:30に出発!

実は 飛行機が苦手・・・・・ 乗るとしばらくは 頭がぼーとします。

空港に到着後、出発が遅れているようで・・・ 飛び立ったのが13時前でした・・・

14:00到着予定の飛行機も 15:00前になって 羽田に到着。

頭が ふらふらしながら 羽田空港から蘇我駅までの高速バスに乗りました。

とりあえず 行先だけを確認して飛び乗ったバスでしたので 

東京アクアラインを通る時は感動! 「シン ゴジラ」見たんでwwww

そして 高速の看板を見ると 「木更津」あ~~~ 気志團いるかなぁwww

なんて まったくどこを通るのかも知らないまま バスの旅をしてきました。

蘇我駅の目的は!クリアウォーターカヤックスさん
マミーで使っているライジャケの半分以上は ここでお世話になりました!

d0105749_12293535.jpg


店長さんからも いろいろ教えて頂いて 欲しい物がたーくさん!

後ろ髪をひかれながら また 1時間ちょっと電車に揺られて 取手駅に到着。

d0105749_12293485.jpg

ちょうど 20:00

寄り道もしたけど 10時間かかちゃっいました。

そして RACの先生たちと うまく合流できて 居酒屋で情報交換や初めてお会いする方たちと ご挨拶ができました

13日(土)藤代駅から お迎えのバスに乗って プレエクスカーション
「小貝川生き生きクラブ」さんに 行って施設や 馬場などを見ました。

ポニーにも乗りたかったんですが Eボートを選択。

d0105749_12344758.jpg

とっても いい川でした!

d0105749_12344614.jpg

先輩たちの漕ぎを 身近で見れるぞ!!!

案内役は 子どもたちといつも見ている 川の安全教育DVDでも出演の 川のお姉さん 

d0105749_12344486.jpg


小貝川をゆぅ~~~くり 見て回ることが出来ました!!!!

d0105749_12344394.jpg


午後からの会場は 取手駅のそばの 取手ウェルネスプラザ 

健康増進のフィットネスがあったり 変わった形の子ども向け遊具があったり 

きれいな会場でスタートになりました!

開会式でも たくさんの方が挨拶されて・・・・

【基調講演】

 青森大学教授・くりこま自然学校代表の 佐々木豊志先生でした。

「生きる力」は よく聞く言葉ですが 佐々木先生は これまでに聞きいた方たちとは違う観点の言葉で 説明されたので なるほどなぁと聞き入りました。

d0105749_19055112.jpg


脳科学 これも 踏み込むと 面白そう!!!!

d0105749_19055030.jpg


自然体験欠乏症候群 

いかに 幼少期に 適切な体験を行っていくかの重要性も 大きくヒントになり 今後の マミーの計画にも 盛り込んでいこうと思いました。


この後 「冒険教育」の話になって行くのですが 正直、「冒険教育」という言葉を聞くのが 初めてでしたので 

なるほどなぁと思いました。

以下の4枚のスライドは とくに「ガツン!」ときました!

d0105749_19054953.jpg

d0105749_19054612.jpg

d0105749_19054753.jpg

d0105749_19054548.jpg

で さっそく 佐々木先生の 著書「環境社会の変化と自然学校の役割」をアマゾンで注文!

実際 とても深い分野になるので 圭太も まだまだ説明する事は出来ませんが 子ども達への活動へ きちんとした プロセスや意義を踏まえた上で 実践できるように 整理していきたいと思います♪

「子ども達が 自発的に取り組む体験ができると 子ども達は輝く!」
「5歳までは 教育より学習が大切。 学習は自発的にやること 教育は無理やり方にはめること 子どもの頃に学習した能力は 失われない」

これらを 基礎に もう一度 組み立てていきます!
d0105749_19054548.jpg

d0105749_19212142.jpg


【全国活動事例発表】

・福井県の鯖江河原部

鯖江市の市役所の皆さんで作られた団体で 鯖江市で 川を使った環境教育イベントを行われていました。様々な内容の活動を見せてもらいました。
なんと 市の職員でRACリーダーの資格取得も進められているなど たくさんの方たちが関わっているんだなぁと感じました。
d0105749_19344863.jpg


d0105749_19344686.jpg


【全国活動事例発表】
・茨城県 ハーモニィセンター 小貝川ポニー牧場

ポニー教室を行いながら 小貝川での活動も 入っていて やっぱり動物好きの圭太としても 動物と川のコラボも やってみたいなあと 考えました。
発表も 子ども達の感想の絵もスクリーンに表示されて 今後のイベントでの子ども達の発表の仕方のヒントにもなりました!

d0105749_19344570.jpg

d0105749_19344427.jpg

d0105749_19344971.jpg


【全国活動事例発表】
・宮城県 カワラバン

代表の菅原正徳さんとは RACトレーナーの講習会同期です。
久しぶりにお会いしましたが かわらず ほんわかした方でした。

しかし 発表は すごい!
仙台市で 活動されていて たくさんの子どもたちと 川に入っています!
のべ4200人!!! そして なるべく次の活動につながるような 仕組みにも取り組まれていて すごいなぁと思いました。

学校にも 関わっていますが 年に数回になってしまいます。でも それでも次につながるような取組みが素晴らしかったです。


d0105749_19500374.jpg

d0105749_19500605.jpg

d0105749_19500885.jpg

d0105749_19500536.jpg


【基調鼎談】
d0105749_20272700.jpg

3人の方たちの話を聞きながら 

・3歳~5歳の自分自身の体験で わくわくした自分がいた
・子どものころに 自分を相手にしてくれた大人がいた 自分自身にしてくれた体験を子どもにしてあげたい
・現代は 遊びのプロセスが省かれている 大人も学びながら 子どもと学ぶ

これらの言葉を聞いて 自分の子ども時代を 思い出しました。
圭太の子ども時代にも もちろん 相手にしてくれた大人がたくさんいました。
いま 大人になって 改めて 子どもをちゃんと 相手にできる大人 遊びを主体的に 提供できる大人になりたいと思います。


【第一分科会・川の教育力】
・寺中祥吾さん(流通経済大学スポーツ健康科学部助教)
・塚原俊也さん(くりこま高原自然学校校長)
・髙橋晃雄さん(ラ・フェリーチェ園長)

d0105749_20272557.jpg

d0105749_20272418.jpg

お三方の話を聞きながら 保育園、保育士が 単体で 自然体験や環境教育を行っていくのは ほぼできていない状況だと 日々感じていました。

でも 保育園単体では 難しくても 自然学校や非日常体験団体など 子ども達の体験の為に 技術や安全管理に長けている人たちはたくさんいます。

もしかすると 圭太の今後のポジションは 保育園と その他の団体をつなげていく事を 重要に考えないといけないのかなと思いました。

この事も 今後の大きなテーマになりそうです。


【14日 全国先進活動事例研究会】

「野外活動で子どもが輝くPartⅢ」として ここで圭太も発表をさせて頂きました。

発表団体は

・NPO法人鶴見川流域ネットワークング(神奈川県)
・NPO法人 まち・川づくりサポートセンター(北海道)
・見附市教育委員会(新潟県)
・利根川の魅力を育む会(日本大学理工学部まちづくり工学科・埼玉県)
・一般社団法人マミー・プロジェクトワイルド長崎県(長崎県)
・NPO法人 みずのとらベル隊(熊本県)
・小浜市の取り組み(福井県)

さすが 今回の全国大会のテーマ「川の教育力」に沿って活動内容で
どの団体さんも 子どもたちとの取り組みや そこに携わる人材

失敗談や 成功談 

今後の目指す所なども 織り込まれていて 各団体さんの取組や手法でたくさんのヒントをメモってきました!

d0105749_21142962.jpg
d0105749_21143291.jpg
d0105749_21143145.jpg
d0105749_21142834.jpg
情報量が多かったんで 少し時間をかけて整理していきたいと思います。

圭太の自己紹介は 

場所や位置関係では パタゴニアさんが 取り上げている「ほたるの川のまもりびと」で始まって 
d0105749_21155487.jpg
マミー保育園と マミー学童クラブからなる 一般社団法人マミー
環境教育を普及させる目的で作った プロジェクトワイルド長崎県

から 始まって 

川の活動の前の 子どもたちとの川の学習(川トレーニング)
マミーの川トレ―ングは RACリーダー講座と同様の内容を日を分けて行っていっています。時間で約10時間ほど 

そこから 夏休みまでに 川のトレーニングをして 夏休みになると川に出かけますが 川に入る前の危険予知トレーニングなどを紹介しました。

子ども達の 川の知識 技術を挙げてから 川に向かいます。

なぜ マミーが体験学習を行っているのかというと 

体験学習が 学習定着率をあげるための とても有効な手法であることを話してきました。

そして 時代は 学習体験方法を アクティブラーニングと名前を変えて 学校教育でも求められている事を話してきました。

d0105749_21265996.jpg
d0105749_21265923.jpg
d0105749_21265942.jpg
d0105749_21265928.jpg
d0105749_21273546.jpg
d0105749_21273575.jpg
d0105749_21273590.jpg
d0105749_21273509.jpg
d0105749_21281531.jpg
d0105749_21281545.jpg
d0105749_21281529.jpg
d0105749_21281502.jpg


d0105749_21284609.jpg
d0105749_21284636.jpg


d0105749_21284637.jpg
わかりやすい パワポのみ 載せてみました


【小貝川ウェルネスフェスティバル】
毎年 行われているイベントで 防災を意識してのイベントです
内容は 楽しく学べる防災訓練 

Eボート組み立て競争から始まり スラロームでの操舵
お片付けも競技にされて 楽しかったです!
土嚢の積み方も 競技になっていました!


d0105749_21300857.jpg
d0105749_21300525.jpg
d0105749_21300715.jpg
d0105749_21301316.jpg
d0105749_21301141.jpg










































by hayabusa00siki | 2018-10-16 21:05 | 研修

「遊びが一番!とことん遊べ!」 食育・環境教育をしながら子どもたちとの活動日記 マミー佐世保市天神町1193-4 0956-34-4406 batesman@jmail.plala.or.jpマミーの子ども達の本「お野菜さんありがとう」発売中


by hayabusa00siki