衣川圭太の外遊び日記と一般社団法人マミー(マミー保育園・マミー学童クラブ)の出来事

sotoasobi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 05月 21日 ( 1 )

長崎保育短大の学生さんが 学童さんと野外活動を体験しにやってきました。


9:00 天神園をしゅっぱ~つ!!!!!
9:20 いしだけ園に到着! すでに 学生さんと マミー保護者で雨用意のテントもOKでした
     感謝です!!
     昼食の打ち合わせをして 今日の活動に入りました。

9:30 今日の活動開始!!!
     アイスブレイクとして 誕生月集まり!!! 
d0105749_17571544.jpg


さっすが 保育短大生 がんがん 子どもたちと触れ合ってくれました。

次は 似た名前集まり 
みんなが自分の名前を言う事を目的にしてやってみましたが ちょっと難しかったかな???



その後は 草いちごのプレゼント 

学童さんがまず、自分の分を 一つ パクリ。。。。

そして 学生さんの為に 2つ取って それぞれ一人にプレゼント。。。。

d0105749_1843422.jpg


この時期だからできた アイスブレイクとなりました。





9:50 畑の活動 
スナップエンドウと玉ねぎを収穫しました。

d0105749_186978.jpg


d0105749_1862927.jpg

d0105749_1864634.jpg

d0105749_1871418.jpg

d0105749_1874465.jpg





森の活動

森で遊べる活動として プロジェクトワイルドのジャングルゲームを紹介させてもらいました。
d0105749_18111357.jpg


ただの天狗の森の写真じゃないですよ。
この中に 子どもたちと学生さんたちが隠れてますよ


2つ目に ネイチャーゲームの木の鼓動 
d0105749_18131952.jpg



そして 学生さんたちに さらっと ワイルドとネイチャーゲームの説明を少しだけさせてもらいました。



d0105749_18173332.jpg

みんなで 集合写真をパチリ!!


その後 11:30まで 天狗の森で 自由時間にしました。


ターザンロープや 木の平均台、秘密基地なんかで みんなで楽しく遊びました。
d0105749_182249100.jpg




11:30から ちょっと早めの昼食。

タコ飯と2種類の味噌汁(すり身とチヌ、コチのぶつ切り味噌汁) 

d0105749_18212585.jpg



子どもたちが活動している間に お父さん、お母さんたちが ご飯を作ってくれました。

ありがとうございます!!!!



d0105749_18243164.jpg

d0105749_18244771.jpg


今日は ちょっとアングル変えて 2階のロフトからパチリ!!!





学生さんたちは 12:00までに 昼食を済ませてもらって 

ふりかえりをしました。


d0105749_18263626.jpg





今日の活動で 学生さんたちのふりかえり(わかったこと)

学生さん①「自分から遊べる木などを見つけて工夫して遊んでいた。木の音を聴いていろんな音を感じて、身近な音に例えていた。危ないと思ったら 自分なりに怪我をしないようにしていた。自分の知らない事をたくさん教えてくれた。」

学生さん②「子どもたちは別々の学校だけどすごく仲良し。子どもたちは強い!思っている以上にできる。自然の事を知っていて、1つ1つの表現の仕方がユニーク。何にでも興味を持って観察したりしている。」

学生さん③「子どもは色々な発想があった。かくれんぼでは 見つからないように工夫していた。木でも色々な遊びが出来る事が分かった。」

学生さん④「感じた事、思った事を素直に発言する。木や枝を何にでも遊具に変える。遊びの中で工夫。すごく元気一杯。」

学生さん⑤「木の音を聞いた後の子どもたちの表現が面白かった。みんな優しい(いちごや四葉をくれた)。とても楽しそうに活動していた(いろんな物に興味深々!!)。たくましい。」

学生さん⑥「子どもたちは 自然が大好きなんだと思った。協力していた。森で遊ぶためのきまりをきちんと守っていた。」

短大の先生「子どもの感性の素晴らしさ(表現の仕方) 子どもは天才(自分たちで遊びを作りだす) 子どもにとっての遊びの重要性・・・⇒活動には ねらい(メッセージ)があって 事前に先生方は準備しているという事。」

マミー職員「マミーに来て2カ月 学童さんとの関わりも それなりにあったが てんぐの森については 私よりも 子どもたちの方がたくさん知っていて驚いた。子どもたちから学生への積極的な関わり。」



そして 学生さんには 圭太が思う 7つの事をお願いしました。


①参加者が主人公
   ⇒プログラムを行う側の自己満足ではなく、参加者の立場で実践する

②指導者でなく支援者
   ⇒先頭で引っ張るよりも、そっと押してあげる

③ファシリテーションワード
   ⇒有効な問いかけ ファシリテーションワード →相手の言葉を引き出す為の言葉がけ

④体験は失敗してこそ身につく
   ⇒怖い成功させられ体験⑤ふりかえりを大切に⇒人は忘れる生き物、気づきの共有の時間

⑥くりかえし行う
   ⇒イベントだけでは もったいない。→できるだけ繰り返し行う、年に1度の体験では足りません

⑦子どもは天才



①~⑦の事を思いながら 今後、子どもたちと接してもらえば大変うれしく思います。





12:30に 学生さんたちとお別れして


子どもたちは かまどの草取りしたり 草いちごをドンドン食べたり 

四葉を探したり でっかいミミズをつかんだり ダンゴ虫の赤ちゃんを見たりして

14:00まで 遊びました。


14:40 天神園に到着してから おやつの バナナをペロッと食べて

子どもたちも 今日のふりかえりをしました。

そして 最後に今日の学生さんたちへのメッセージ!!!!


d0105749_18551967.jpg

d0105749_1856295.jpg

d0105749_1857039.jpg

d0105749_18572032.jpg




圭太より 学生さんたちにメッセージ

今日は、子どもたちも楽しかったそうです!!
ありがとうございました。
皆さんの素直な意見や感想が聞けて 圭太自身も勉強させてもらいました。

機会があれば また 一緒に活動しましょうね!!!! 
お疲れさまでした!!!!







おわりに。。。。


今日も めっちゃ楽しく活動できました!!!!

みんな ありがとう!!!!
by hayabusa00siki | 2011-05-21 19:00 | めろん・ぶどう・ばなな組

「遊びが一番!とことん遊べ!」 食育・環境教育をしながら子どもたちとの活動日記 マミー佐世保市天神町1193-4 0956-34-4406 batesman@jmail.plala.or.jpマミーの子ども達の本「お野菜さんありがとう」発売中


by hayabusa00siki