衣川圭太の外遊び日記と一般社団法人マミー(マミー保育園・マミー学童クラブ)の出来事 sotoasobi.exblog.jp

「遊びが一番!とことん遊べ!」 食育・環境教育をしながら子どもたちとの活動日記 マミー佐世保市天神町1193-4 0956-34-4406 batesman@jmail.plala.or.jpマミーの子ども達の本「お野菜さんありがとう」発売中


by hayabusa00siki
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

■29日の報告!


今日のマミーは 柚の香りいっぱいになりました。
子どもたちも 柚コショウ作りに参加して 皮をむきました。
「持って帰りたい!」ということで 皮を剥いだ柚を持たせています。
ご家庭で 柚風呂など どうでしょうか?

d0105749_17484182.jpg



今日の朝の雨のぱらつきと午後からの天気予報を見て 天神園での昼食を選びましたが 雨は 振りませんでした。。。

いしだけ園では 
・大根の種まき 去年の大根から種を取り 子どもたちが種を集めたマミー大根です!
・人参畑の草取り 同じく去年の人参からの種を取り育てた人参 
・トマト取り放題 今年は40本くらいのトマトを植えてます
・大柚の収穫 大玉で50個くらい収穫しました。
・一年生ライターで新聞紙に火つけに挑戦 ドキドキバクバク!
ライターの着火は全員成功!新聞紙は、できなかった子もいましたが どんどん挑戦させていきます。


「大根の種まき」
d0105749_175329100.jpg

d0105749_17535846.jpg

d0105749_17541814.jpg

d0105749_17544214.jpg

d0105749_17551794.jpg

d0105749_17553662.jpg

d0105749_17573499.jpg



「人参たねとり」
d0105749_17583545.jpg

d0105749_17585177.jpg


「トマト収穫」
d0105749_1759102.jpg



「大柚の収穫」

d0105749_1801499.jpg

d0105749_1805248.jpg

d0105749_1811738.jpg

d0105749_1834146.jpg

d0105749_1835922.jpg

d0105749_1853069.jpg
d0105749_1862051.jpg
d0105749_1872472.jpg
d0105749_1881332.jpg
d0105749_189407.jpg



「初めての火がついた瞬間」


d0105749_1811236.jpg

d0105749_18121992.jpg
d0105749_18132735.jpg
d0105749_182416.jpg
d0105749_18242375.jpg
d0105749_18245897.jpg

d0105749_1826443.jpg







昼ごはんは天神園に戻り マミー給食を食べました

その後は、すりおろし器で ごしごしみんなで すりおろししました。


d0105749_1827166.jpg
d0105749_18273386.jpg
d0105749_18282222.jpg
d0105749_18285451.jpg




きょうのふりかえり
1年生のふりかえり
・柚の皮を剥いていたら汁が飛んで目が痛かった
・柚の大きい方は 時間がかかる
・火おこしの火(ライター)をつけるとき うまくいかなかった けど1回はできた!
・ライターつけをして うれしかった
・ライターをつけるときは 早く回さないと火はつかない
・初めてライターをつけてうれしかった
**ご飯マスターは難しい!

2年生のふりかえり
・大根の種まきは近くに種をやると喧嘩する
・柚を削る時は ギザギザに気をつける
・火おこしする時に ティーピー型にしたら 三角の先に火が集まって大きな火になる
・柚を削るときは 小さい方がやりやすい
・柚はデコボコしているのが削りやすい
・柚の実をとるときは 下から柚を支えておく
・柚が大きくてびっくりした!

3年生のふりかえり
・ティーピー型にすると 火が集まって一つの火になる
・ティーピー型は 木を並べるのにバランスがいる

4年生のふりかえり
・炊き付けをテント型にすることをティーピー型という
・火のついた新聞紙を下にすると早く燃えて 上に向けるとゆっくり燃える



少しずつ1年生も火おこしに挑戦して ご飯マスターを目指します!
来週は、運動会準備を行う予定です!

では! 来週もみんなの笑顔 まってます。
by hayabusa00siki | 2012-09-29 18:30 | 学童クラブ

9月生まれのお友達!!!

お誕生日 おめでとう!!!

d0105749_1911496.jpg





みんなで!!!おめでとう!!!

d0105749_1912354.jpg

 
d0105749_1912313.jpg

d0105749_19125049.jpg



d0105749_19132837.jpg

by hayabusa00siki | 2012-09-28 19:13 | 全クラス

運動会の練習なう

天神公園で運動会の練習なう。
中学生が集まってくれて、お客様役してくれてますよ

いつもより、キレのある踊りをしてくれてます
d0105749_10243936.jpg

by hayabusa00siki | 2012-09-27 10:22
d0105749_17463576.jpg

九十九島動植物園「森きらら」で開催された慰霊祭

西日本新聞に載りました!
by hayabusa00siki | 2012-09-25 17:44 | 全クラス
子どもたちが 大好きな動植物園「森きらら」で慰霊祭がありました。

祝日の開催になったんで 親子で自由参加!!!

マミー学童、マミー保育園児あわせて 35名ほどの親子が集まって 慰霊祭に参加しました!


d0105749_1963325.jpg

d0105749_1972142.jpg

d0105749_1974523.jpg



d0105749_198762.jpg



d0105749_1985156.jpg





マミー学童から 2名が 慰霊の言葉を行いました。


d0105749_1993722.jpg


d0105749_19105669.jpg



最高齢のペンギンのきいちゃん、いつも子どもたちが抱っこしていた モルモットのくさこちゃん

ほかにもたくさんの 動植物たちの写真が飾られていいました

d0105749_19124915.jpg

 


d0105749_191325100.jpg

d0105749_19134759.jpg



黙とうをささげ 弔いを行いました。




「いままで ありがとう」








慰霊祭の後は 圭太のプチガイドツアー!

d0105749_19143995.jpg


普段は なかなか入ることができない 学習ホール そこにあるのは。。。。



動物、鳥類の剥製です。


d0105749_19151824.jpg


d0105749_1916103.jpg




d0105749_19162661.jpg




d0105749_19165124.jpg

この前の ナイトハイクで 泣いたふくろう!写真はコノハズク

子どもたちは これかぁ!と 見ていました。

カワセミや山ゼミ ほかにも 珍しい物がたくさん!!!!!!!!!!


ありがとうございました!!!!!!!!!!!!!!
by hayabusa00siki | 2012-09-24 19:18 | 全クラス
子育て中の方!!!
これから 赤ちゃんが生まれる方!!!
将来、赤ちゃんを考えている女性の方!!


その方たちみんなに 聞いてもらいたい講演会、上映会のお知らせです。


第16回長崎県 国際助産師の日
~みんなではぐくもう!! 「いのちと性」~

日時:平成24年11月3日(土)10時~15時
場所:佐世保共催病院 8階 大会堂

★スケジュール、および内容

10時~受付

10時30分 「心もからだも温めて! 女子力アップの秘密おしえます」
        ~大病を経験した現役麻酔科医がいろんな角度から命を見つめます~
       佐世保共催病院 麻酔科医 吉村真紀先生

12時~ 助産師による相談会
      (育児、女性の病気、思春期など)

13時30分~ 映画「生まれる」上映
      お子様もご一緒に観賞できます。

●会場の都合上、定員150名に達し次第、締め切らせていただきます
●申し込み方法:氏名、連絡先、参加希望(午前、午後、終日)を明記の上、
10月10日までに FAX0957-49-8056までお送りください。
尚、させぼ共催病院への直接のお問い合わせは ご遠慮ください。会場の駐車場のご利用はできるだけ控えていただき、公共交通機関をご利用ください。

主催:社団法人 長崎県看護協会 助産師職能委員会


d0105749_18184955.jpg

by hayabusa00siki | 2012-09-21 18:19
2012年9月7日~9日RAC講習会その1の続きとなります!

2日となる8日(土)
この日も川に入ります!!!

なんとも 雨の予報だったのに 晴天♪

普段から リバートレッキングに使われている 蘇陽峡に出かけて


実際の川での安全対策について学びました。

普段よりも 増水しているようです。

d0105749_9162579.jpg


初めは ここに入る予定でしたが 圭太のビビりが伝わったようで 

場所変更になりましたw


少し下流に移動して 川流れの練習
d0105749_936645.jpg

d0105749_9361740.jpg

d0105749_9363668.jpg






昨日の川よりも早い所で スローバック(レスキューロープ)の練習
d0105749_9174878.jpg

d0105749_9191091.jpg



スローバック(レスキューロープ)の手順

【重要】セルフレスキュー(自身)の安全確保に努める
①溺れている、流されている人に声をかける
*助けを必要としているのか?
*いきなりロープをなげても気がつかないから ロープを投げることを知らせる
*十分引き寄せて(近い時に)なげる
*ロープ予兆は下流側に置く
*ロープを手や体に巻き付けて投げない
「大丈夫ですか?今からロープを投げますよ~~~」
d0105749_9194962.jpg




②確実にロープを投げる
*普段から練習しておく
*体にロープがクロスするように投げる 体をロープが飛び越すように投げる
「ロープをつかんでくださ~い」
d0105749_9221555.jpg




③ロープを調整、流れを読みながら エディに引き込む
*流れない所(エディ)に救助者を入れる
*常に声をかける
「大丈夫ですよ! あと2mです! もうすぐつきますよ!」
「もう岸でよ 安心してください」
d0105749_9251696.jpg



④外傷や呼吸の確認
*救助者を確認して 手当、心肺蘇生などの処置
*救急隊への引き渡しや病院への搬送



場所を変えて ホワイトウォーターの体験


d0105749_9424553.jpg

d0105749_943069.jpg


楽しく流れていだけのように写真では見えますが。。。
ホワイトウォーターで浮力が無くなる所の体験です。
空気がたくさん入った水では 浮力が少なくなり 体が沈みます。
どのように体が沈むのか体験しました。
一枚目 浮いたとたんに 顔まで沈んでいます。


そして 上流の方へトレッキングしながら 

実際の岩の形状からの水の流れを見たり 
危険個所の説明を受けました。

早い流れも体験しました
d0105749_946222.jpg

d0105749_9472611.jpg


1枚目の中央の岩が 2枚目左の大岩です。
この間僅か20秒ほど あっという間に流される場所ですが
川の流れと体の角度を計算して 飛び込んで 流れのゆるい所に入り込みます。

d0105749_9505253.jpg

d0105749_9511063.jpg

なんとか 捕まえてもらって 成功です。

反対側から撮影
d0105749_952220.jpg


ここから上がって お昼休憩になりました



川と緑の中で食べるご飯は 最高!!!
とってもおいしいランチでした!!!
d0105749_9535073.jpg



休憩後も川!!!

d0105749_9552646.jpg



川!!!
d0105749_9555834.jpg



川!!!!!!
d0105749_957499.jpg





川!!!!!!
d0105749_9575755.jpg
d0105749_9585395.jpg
d0105749_9592784.jpg
d0105749_1003040.jpg
d0105749_1005816.jpg
d0105749_1012675.jpg
d0105749_1015460.jpg




本当に変化に富む川で 進むほどに新しい発見


そして いろんな形状の岩や 流れを見てとても勉強になりました!!!



夕方からは ログハウスに戻り 法的責任
過去の子ども会が行ったハイキングでの川の死亡事故の事例を基に
どのような状況で事故が起き、それにともなった どのような裁判が展開されたのかを教えていただきました。

d0105749_10153293.jpg




RAC理念

事前課題の作成(RAC理念を一つ解釈し、それについて5分間話ができること)

募集要項にそう書かれていましたが 甘く見ていました。

まぁ 話せるだろうと簡単に思っていました。


しかし、元さんにして頂いた理念の時間 


とても 濃い時間で ここで云々は書けません。



手法は まず 


①もっさんが RAC理念の1つめを解釈して話をする
②圭太が もっさんの話を聞いて 褒める、訂正する
③元さん初め 清也さん、山下さん、立川さんから意見をもらう

それを 5つの理念で繰り返しながら 話をしながら 理念について深めました。


話す側として 言葉の使い方、相手に響く伝わる言葉、広がりのある言葉、の使い方を学びました
そして何より 聞く側の聞く力をキチンと育てないといけないと感じています。


人間が持つ 素晴らしい力である言葉


これからは 言葉の力を どんどん鍛えていこうと思います



そして いつか この圭太が感じたこと 思ったこと 

元さんから 分けてくれた思いを さらっと言葉にできる 


そんな かっこいい男になりたいと思います!!!!!!!!



夕飯を食べながら 交流会をして みずのとらベル隊の皆さんと いろいろ情報を交換させてもらいました。






3日目 9日(日)日曜日

この日も運よくいい天気!!!!!!
プログラムの企画、実施を行いました


圭太ともっさんと 二人で考えて 講師の方々へ 実際にプログラムを行う!

ちょっとは 得意分野なので いつものような「楽しく」を前面に出すように 企画しました。


まず やはり 川で 何を伝えたいかということを考えてみると

・川の冷たさ
・川のきれいさ
・川の気持ちよさ
・川の流れ
・川の力

であると二人とも 同じ意見でした。


そこで 今年の夏にみんなが 寝不足になった 「オリンピック!」

そこから プロジェクトWETにもある 「川のオリンピック」という企画を立てました


各アクティビティ(活動)を 種目と位置付けて やってみました


1時間の時間で・・・・・・

1、アイスブレイク「いつものやつ」もっさん担当
目的:参加者を和ませて 参加者からの情報を得る、知る
d0105749_12443171.jpg


2、活動1「うきうき ウっキー!」
目的:PFD、ライフジャケットなしで 浮くにはどうしたらいいのかな?
3つの道具 クーラーBOX ペットボトル500ml 銀マットで浮いてみる
d0105749_12502016.jpg



3、活動2「スラローム」
①棒流し②リバ四③スラローム
目的:①棒を流すことで 川の流れを見る
②リバ四 直線で川を流れて 川の流れを読む
③川を4回横断して 川の力と泳ぎ方を体験する
d0105749_12454452.jpg

d0105749_1251913.jpg





4、活動3「弓道」
目的:ロープを投げて 流れる人に当てる
レスキュー活動をする
d0105749_1251446.jpg





5、ふりかえり
目的:橋の上から川を眺め 全体から川の流れを知り 川の構造を見る
今回のオリンピックで わかったことを共有する
d0105749_12522328.jpg

d0105749_12531695.jpg






プログラムを実施した後は ふりかえりで よかった所 改善した方がいい所考えました


まず、褒めて頂いた点

・アイディアがよい
・楽しかった
・オリンピックというテーマ
・アイスブレイク
・テーマを決めていた
・浮くは親子体験でもいいかも



次に 改善点

・自らが参加者の立場になり 実施(テスト)していなかった
4回 川を渡るのは ハードすぎた
・流れてきた人をつかむ時は PFDをつかむ
・ディフェンシムスイムの説明がなかった
・始まりは 一度 川を見せて 川への興味を消化させて 川と反対側を見て話す
・安心させてから流す
・なぜ?そこに入ってはいけないのか説明をする


準備に追われていたとはいえ 自分たちが実際に 参加者になって プログラムを行っていないという

かなりの致命的な ミスをしてしまいました。

(/_;)



今後は、ぜったいこんなことがないように やって行きたいと思います。


それに びっくりしたことが 初日と同じ場所でしたが 川の底の形状が変わっていたということ

やっぱり 川は生き物でした!!!





今回の3日間の講習会を通して 川での技術も向上できたと思います。
しかし、まだまだ やらないといけないことも たくさん見えてきましたし


どんどん いろんな事を吸収して 子どもたちに 伝えていこうと思います。



みずのとらベル隊の皆様 本当にお世話になりました。


二人のためにだけに 実施して頂いた講座 

今まで さまざまな講座に参加しましたが ものすごく 楽しく、本当に参加できてよかったと思います。


さぁ 今度は 私たちが 佐世保の川遊びを変えたいと思います!


そして。。。。。。。。。。。。。。。


実は まだ インストラクターには 慣れておりません。

補習授業(OJT)を受けて レポート提出後 評価 いただけると・・・


インストラクターです。


その際は またご報告いたします!
by hayabusa00siki | 2012-09-21 13:10 | 研修
マミーでは 夏季に子どもたちの活動として 川遊びを取り入れています。

この川遊びでの プログラムでの中心となっているのが 

RAC(ラック)こと 川に学ぶ体験活動協議会http://www.rac.gr.jp/ 

での指導者として 講習会を受講し 子どもたちと安全な川遊びをしています。

初めて 受講したのリーダー指導者養成講座は 2011年の2月 圭太のブログhttp://sotoasobi.exblog.jp/12951631/

そして 今回も みずのとらベル隊のみなさんにお世話になりました。

9月7日(金)RAC水辺のレスキュー講習会
9月8日(土)9日(日)RACインストラクターⅠ種養成講習会 


3日間の日程で 講習会に参加させてもらいました。


実は・・・・・


受講者は、させぼエコプラザのもっさん と 圭太の二人!!!!

本来なら 最低人数にも達していないので 開催されないのですが 

なんと!!! 私たち2人のために 開催して頂きました。


私たち二人のために 講師4名と キャンプ場のスタッフの方がた 

本当にお世話になりました。

おかげで あつ~~~~~~~~~~~い あつ~~~~~~~~~~~~い 講座となりました。



まず 3日間をふりかえる為に 欠かせない映像があります。


http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=H1Ly_fAQeL8#!

講座終了後に 作って頂いたんです。

これを見たとき 夜中だったんですが、涙が・・・・・・・・・・・・・・・でました。。。。

体験した物だからこそ 感じる感動とふりかえり

今回学んだ3日間 私が感動をもらったように 子どもたちへも 感動をしてくれるような活動を行っていきたいと思います。


では 初日


9月7日(金)RAC水辺のレスキュー講習会


キャンプ場のロッジの中でのスタートになりました。


d0105749_1852082.jpg


黄色いシャツの方が 私の川師匠の一人 清也マンです!
画面端っこに写っているのが 画像を作って頂いた山ちゃんです!



まず 午前中は座学


事故事例や基礎知識を学びました。


会場となった服掛松キャンプ場では リバートレッキング(沢登り)が行われています
下記URLは リバートレッキングのPVです

http://www.youtube.com/watch?v=ExWq9uOstNA




一般の方たちが参加するのですが その参加の際に 記入する参加同意書や 

確認事項などの書類を見せていただき もちろん 私たちも参加同意書に同意の上の記名をしました。

d0105749_19303739.jpg


そこに書かれていたのは 怪我や重大な事故がおこりうる可能性があるということ

私も 今までこのような 参加同意書は書いてきましたが 

清也マンの言葉にはっとしました。


「この同意書や書類は、参加者の意識を高めるものであり、指導者の責任を逃れるものではありません。」


そうなんです。 

事故が起こった時は 指導していた者に責任がかかります。


しかし、私が 今まで書いてきた同意書のほとんどに


「万が一・・・ が起きても ●●に責任はありません」


同意書とは、責任を転嫁する物と勘違いをしていました。


なんとも 反省の一言です。



また スタッフ側の安全管理マニュアルを見せていただきました。

そこには 事前の対策や事中の管理、事後 そして事故後の対応や報告などが 細かく記載されていて

安全な体制は 事前の準備とスタッフ間の意識共有 やるべき事を決めておくことから生まれるということを感じました。

そして これまでの事故の記事

d0105749_19313050.jpg



警察庁から発表されているデータを見せていただきました。

PDFファイル
http://www.npa.go.jp/safetylife/chiiki28/h23_suinan.pdf

d0105749_19481412.jpg



事故統計から見える事もたくさんありました。

そして 実際の水難事故に遭遇した時のために

まずは 資料を見ながら ワークショップ形式で学びました。


大事だと思ったこと。

それは 水難事故に遭遇した際 もちろん救助が大切なのですが

救助する側の 安全を確保すること


救助する人間が 危険を伴った救助をすることはできません。

簡単に書くと 「溺れている人を泳いで助ける」 これは避けなくてはいけませんし

二次災害になる可能性があります。


今年の夏のニュースでも 溺れている子どもを助けるため 飛び込んだ大人が死亡する という事故もありました。


第一に 救助する側の安全を確保する「セルフレスキュー」を行うことが重要です。


その後に レスキューを開始する


しかし、レスキューする際は 助けるための道具がない場合もあります

そんなときは 

・浮くものを投げる。
・長い物などを差し伸べる。
・協力を仰ぐ
・溺れている人に声をかけて パニックを落ち着かせる
・通報する

などが やるべき事になりますが 

最重要なことは「見失わない」事でした


まず、溺れている人に やれることで 一番考えられる事は

浮くものを投げる

「身近なもので すばやく対応することで 時間を稼いで次の手段を考える」為です



実際に どんなのもが有効なのか?


身近で 浮くもの。。。。。。

・ペットボトル 
500mlでは 慣れている人で顔を出す程度 おそらくパニックならば 浮けないと思います。
2リットルは 浮きましたが 大人が呼吸を確保するには 4リットル以上を推奨されています。

・クーラーボックス 
実際に 助かった釣り人の方も多数います。
しかし、濡れたプラスチック容器は 滑り、持ちにくいということが実験でわかりました

・バックなど
防水性があったり なかに空気がたくさん入っている時は有効だそうです

・ごみ袋

・発泡スチロールの箱
とても持ちやすかったですが 投げにくかったです。

・銀マット
キャンプでおなじみ 寝る時や敷物としての銀マット
以外にも 一番投げやすく 水中でも持ちやすかった物でした。

・ポテトチップス(ビック袋)
つなぎ目を体の方に向けて 浮くと体が浮きました。
つなぎ目を水面の上に出すと 中身が飛び出します。



d0105749_202131.jpg


d0105749_2023073.jpg

d0105749_2024752.jpg

d0105749_203397.jpg





そして 道具があった場合のレスキュー方法を学びました。


私たちが使っている道具は 浮くロープで作られた救助用の道具です

スローバック

d0105749_2064318.jpg


d0105749_2074278.jpg



しかし、使い方によっては 逆に事故につながり 死亡事故にいたった事もあるそうで

まずは 今の 主流を教えていただきました。

d0105749_20103940.jpg


右側が現在の主流 

違いは わっかや引っかかりをなくすこと

これまでに このわっかや結び目が引っ掛かり 死亡事故につながった事例ががあるそうで

現在は 右側の仕様が 主流だそうです。

しかし、これらも どんどん変わっていくことなので 常に新しい情報を入手することの重要性をしりました。



おいしい食事を頂いて♪


午後からは 実際の川での実習となりました。



場所は キャンプ場からすぐの 馬見原橋のちょっと上流


d0105749_2015347.jpg


d0105749_20161957.jpg

d0105749_20164451.jpg

d0105749_2017212.jpg

d0105749_20175541.jpg

d0105749_20191588.jpg

赤いヘルメットは なまひげさん 講座中もお世話になりきり、ご飯も作って頂きました!


川での泳ぎ方、スローバックの投げ方など 繰り返し練習しました。


写真では分かりづらいのですが 正直、、、、、 佐世保では おそらく

「ここに入るな!!! ながされるぞ!!!!」というくらいの流れで 

かなり ビビりました。


でも 事前座学と繰り返しの練習で 川の流れを見て 理解し 川に入ることができました!


やっぱり 実践ですね。。。。。。



その2に続きます。。。。。。。。。。。
by hayabusa00siki | 2012-09-20 20:26 | 研修

うんどうかいのおしらせ

うんどうかいのおしらせ

★お母さんも、お父さんも、おばあちゃんも、おじいちゃんも、みんな読んでくださいね。


10月7日(日) 8時30分までに 港小学校体育館に集合 
(マミーより﨑辺方面へ下り右側の小学校・マミー玄関に地図あります)
体育館は8:00より入館可 雨天時も予定通りです。
9時開会式 12時30分閉会予定(お弁当、おやつは必要ありません)

各クラス さくらんぼ、いちご、もも、ばなな、ぶどう、めろん、学童クラブの全園児が参加予定です。

・服装 
○めろん・ぶどう・ばなな組は、体操服上下・クラス帽子 (シューズはマミーで事前に預かります)
○もも・いちご組は、体操服上下、又は活動しやすい私服 
          クラス帽子・動きやすい靴を上履きとして使用して下さい。 
○さくらんぼ組は、月齢にあった活動しやすい私服、靴は履きません。
○学童さんは、学校の体操服や動きやすい私服(スカートは除きます)
○保護者の方も、活動しやすい服装に上ばき、体育館用シューズを着用下さい。

外靴は、各自でビニール袋を持参して、個人の応援席で保管して下さい。

☆写真撮影やビデオ撮影などは、周囲に気をつける等、譲り合いをお願いします。

★8日は体育の日(祭日)です。代休で休園します。ゆっくりと体を、休めましょう。
 めろん、ぶどう、ばなな組は9日(火) 通常のスイミングがあります。

☆プログラムの注意事項をよくお読み下さい。⇒9月末に配布予定です。

★当日は、親も子どもたちも興奮気味です。事故、怪我などが
ないように十分注意して 楽しく過ごしてください。

●体育館内のお願い
昨年3月に完成した新体育館です。椅子や物を置く場合は、敷物の上に置いて、
必ず体育館の床面が傷つかないように 配慮をお願いします。

●親子競技のお願い
今回、いくつかの親子競技がありますので、参加よろしくお願いします。
また、競技の準備、最中、かたづけなどもお手伝いをお願いします。アナウンスします。

●港小学校構内でのお願い

○駐車場内では、絶対に事故が無いよう、お互いの注意をお願いします。

○運動会競技中は、体育館だけの使用ですので、体育館外で遊ばないでください。

○体育館・駐車場以外は立入禁止です。また各所とも禁煙です。
    
【上記の件以外でも 不明な点がありましたら ご質問下さい。】

☆めろん・ぶどう・ばなな組、学童さんは、当日は、いつも通り水筒を持たせて下さい。もも、いちご、さくらんぼ組は園でも麦茶を用意していますが、保護者の方も準備して頂き、保護者席での応援のときなどに各自で水分補給してください。

☆運動会前日(6日)は、職員が運動会準備を朝から行います。保育時間・バス共に通常ですが、お休みが可能な方は、お休みのご協力をお願いいたします。
by hayabusa00siki | 2012-09-19 15:45 | 全クラス
学童さんたちと1泊2日のお楽しみ会をしました!
お泊りの学童さん12名 日帰りの学童さん16名
妹、弟たち6名 保護者21名で 楽しんできましたよ!!!

当初の予定は、世知原の沢登りをする予定でしたが、前日の雨と当日の朝の雨で水量が増加して、危険であり水温も低いので、マミーの道具類ではちょっと長時間の活動はできないと判断しました。

そこで、以前から お話を頂いていたお母さん先生にお願いして「命の大切さ」の授業をしてもらいました。

いろんな画像をみたり、命のできる瞬間や お母さん先生からのメッセージ、月齢での赤ちゃん人形を抱っこしたり いろんなお話を聞かせてもらいました。


赤ちゃんや命のできる話をきいてから 子どもたちは ふりかえりとして赤ちゃんのイラストや、受精卵のイラストに ふりかえりを書き込みました。

マミー玄関に掲示しますので どうぞご覧ください。


天神園でお弁当を食べてから お弁当箱などをきれいに洗って!

1時から天神園からいしだけ園に移動!

差し入れの「巨峰と梨」を頂いて 子どもたちもさらにパワーUP!

その間にお父さんたちも かまどや雨よけ屋根の準備をしてくれました

夕飯は!!! マミー名物「鶏の丸ごとスープ!!!」に加えて「鶏の丸ごとカレーうどん!!!」 今回 初挑戦「皮なしソーセージ!!!」

以外にも皮なしソーセージは、大好評!!!

チーズやコーンをいれたり そのまま焼いたりで 子どもも大人にも好評でした!

それとチヌの焼き魚!! 子どもたちは見慣れているのか ほとんど反応せずw
大人が「うわぁぁ!」と声をあげていましたwwww


夕食はもちろん 大騒ぎ!

でもこの頃には、たくさんのお母さんお父さんが集まってくれたので スムーズに食べ始めることができました!


みんなで たのしく夕飯をたべて 気がつくと もう周りは うす暗くなり。。。

夕日は出なかったけど ナイトハイクに出発!!!!


展望台まで みんなで 並んで ナイトハイクをしました。

前半は、「みんなでワイワイガヤガヤハイク」、後半は「しずかなハイク」にするからと展望台入口で話をしてから 遊歩道に入りました。

登りは 本当に「ガヤガヤワイワイ」と言いながら歩く子どもたちですw

さぁ 展望台に登りついたのですが、どうも雨が怪しい、一回りして、集合写真を撮ってから、ちょっと早めに展望台から降りて 夜の生き物探しをしました!

キリギリスやウマオイ、カタツムリやミミズなど 子どもたちはたくさん生き物を探してくれました。

「さぁ いまからは 静かなハイク!」といって ライトを消して目を閉じてもらうと・・・

「ほっほーーーーーーー。ほっほ=======。。。」とフクロウさんが登場してくれました。

やっぱり自然は 何かしら私たちにプレゼントしてくれます!

初めて聞いた、子どもも大人も大興奮!していました。

また帰り道には 山ナメクジも出てきて 今日の雨ぞらに感謝できました!


いしだけ園に戻ってきてからは 「ふりかえり」

いつもと違うことは、お父さんやお母さんが見ていること

ちょっと緊張気味に 子どもたちは ふりかえりを書いていました。

いつも以上の 「いい言葉だらけのふりかえり」でした!


その後は、今日の画像をプロジェクターで用意して みんなで自分たちの写真を見ました。

さぁ いよいよ 最後のお楽しみは、焼きマシュマロと くまもんクッキーをたべました!!!


日帰りさんは お迎えに来てもらい、お泊りさんは 寝る用意♪

23時に消灯しました。

翌日は、5:30に起きて 朝日を見る予定でしたが 残念ながら雨でしたので ゆっくり過ごして 朝食作り

朝食は、チャーハンと 鶏のスープうどんにしてたべました。


雨になってしましましたが 楽しいお楽しみ会でした。

では 写真をどうぞ!!!



d0105749_10393657.jpg


d0105749_10394960.jpg

d0105749_10401024.jpg

d0105749_10402167.jpg

d0105749_10403338.jpg

d0105749_10405197.jpg

d0105749_1041493.jpg

d0105749_10411834.jpg

d0105749_10414199.jpg

d0105749_10415673.jpg

d0105749_10421174.jpg

d0105749_10423849.jpg

d0105749_10425858.jpg

d0105749_10432217.jpg

d0105749_10433595.jpg

d0105749_1044834.jpg

d0105749_10445749.jpg
d0105749_10454643.jpg
d0105749_1046440.jpg
d0105749_10464766.jpg
d0105749_10472192.jpg
d0105749_10474791.jpg
d0105749_10482257.jpg
d0105749_10484235.jpg
d0105749_10485763.jpg
d0105749_10492331.jpg
d0105749_10494134.jpg
d0105749_10495897.jpg







いしだけ園に移動 夕食作り


d0105749_1051962.jpg
d0105749_10513282.jpg
d0105749_10535914.jpg
d0105749_10543662.jpg
d0105749_1055876.jpg
d0105749_10553886.jpg
d0105749_1056720.jpg
d0105749_1056277.jpg
d0105749_10565762.jpg
d0105749_10573359.jpg
d0105749_10575951.jpg
d0105749_10581927.jpg
d0105749_10584873.jpg
d0105749_10592566.jpg
d0105749_1059464.jpg
d0105749_1101444.jpg
d0105749_1104095.jpg





夕食の時間



d0105749_1112575.jpg
d0105749_1114885.jpg
d0105749_1121775.jpg
d0105749_1133567.jpg
d0105749_114719.jpg
d0105749_1143194.jpg
d0105749_114574.jpg
d0105749_1153050.jpg
d0105749_1155798.jpg




ナイトハイク


d0105749_11747.jpg
d0105749_1173833.jpg
d0105749_11864.jpg
d0105749_118403.jpg
d0105749_1194310.jpg
d0105749_1110145.jpg
d0105749_11105645.jpg
d0105749_11112032.jpg
d0105749_11114169.jpg



ふりかえり


d0105749_11163393.jpg
d0105749_11165924.jpg
d0105749_11172281.jpg
d0105749_11174590.jpg
d0105749_11181746.jpg
d0105749_11184589.jpg




焼きマショマロ

d0105749_11195294.jpg
d0105749_11201285.jpg
d0105749_11203954.jpg
d0105749_11205978.jpg



寝る用意

d0105749_11215968.jpg
d0105749_11222977.jpg
d0105749_11233294.jpg
d0105749_11235451.jpg
d0105749_11255245.jpg




朝ごはん作り

d0105749_11265031.jpg
d0105749_11271743.jpg
d0105749_11274740.jpg
d0105749_11281125.jpg

by hayabusa00siki | 2012-09-18 11:29 | 学童クラブ