衣川圭太の外遊び日記と一般社団法人マミー(マミー保育園・マミー学童クラブ)の出来事 sotoasobi.exblog.jp

「遊びが一番!とことん遊べ!」 食育・環境教育をしながら子どもたちとの活動日記 マミー佐世保市天神町1193-4 0956-34-4406 batesman@jmail.plala.or.jpマミーの子ども達の本「お野菜さんありがとう」発売中


by hayabusa00siki
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2012年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

■28日(土)の報告
お弁当ありがとうございました。
お弁当のおかげで ゆっくりと活動をする事が出来ました。ありがとうございます。
また、ボランティアして頂いたお父さん、お母さん、大学生ありがとうございました。
おかげさまで 今年度初のお弁当の日も 何事も無く終了できました。

始めに訪れた 佐世保市宮町の無窮洞では 戦争当時のお話を保存会の方にお聞きしました。
当時の小学生が作った防空壕ですが その空間に圧倒されました。 
d0105749_17283385.jpg

d0105749_1728504.jpg

d0105749_1729497.jpg

d0105749_17293494.jpg

d0105749_1730566.jpg

d0105749_17302761.jpg

d0105749_173050100.jpg


『無窮洞(むきゅうどう)』とは、第二次世界大戦中に 旧宮村国民学校(現市立宮小学校)の防空壕として掘られました。当時の校長の発案で 昭和18年(1943)から昭和20年(1945)8月15日の終戦の日まで掘り続けられました。掘ったのは 先生に指導された高等部(今の中学)の生徒たちでした。男子がツルハシなどで掘り、女子が整形を 下級生が運び出しを担当しました。「無窮」とは きわまりがなく無限という意味です。正面の岩壁に刻まれた銘は 当時の校長により書かれたものです。

【↑頂いたパンフレットより抜粋】

現在のテンボスは この頃、海軍の基地であった事、この川棚の地形や海流がハワイの真珠湾に似ている形状であった事から 人間魚雷の練習隊が近くに在住して 全国の部隊に配属されていたり 佐世保からも近かった事から この宮地区は 空襲が多かったそうです。


そこで 当時の校長先生が 子どもたちを守るために 子どもたち自身が掘り 完成を目指していたそうです。
当時、中学生14歳から小学4年生の子どもたちが掘ったとは まったく想像できない完成度

とにかく驚きました。

各所に装飾されて 美を追求されていたり 現在の技術にも劣らない

いや 手彫り、専門道具なしでは 到底できない規模です。


防空壕として大きな対策となる 水、 天井を奇麗なアーチにする事で 湧き出した水も 天井より壁を伝い床に伝わり 床にも排水路があったり 避難路として裏山まで伝わる抜け道は 上と下から掘り進み 相手方の掘る音を聞きながら つなげたそうです。 計測器もなく しかも階段ですので らせん形状 とてもすごい事ですね。




ここには 67年のすさまじい時代が 刻まれていました。


子どもたちが掘ったという つるはしの後 そのつるはしの後を見るだけでも

当時の様子、音、匂いなどが よみがえるような気分になりました。



ぜひ 機会があれば 訪ねて見て下さい。



ここは それだけの価値があります。







圭太のばあちゃん竹林では 田んぼの風景を眺めながらあるいて 細い道を上がると 昔ながらの祠が残る広場に出ます。ここは 昔からの地域の集まりの場で 昔は子どもたちの遊び場や土俵、盆踊りなどが行われていた場所です。まずは 祠に挨拶をしてから 竹林に入り 3人グループで 筍を掘りました。コンテナかごに6個ぶん 大量収穫できました どうぞご賞味ください。



d0105749_17355022.jpg

d0105749_17361045.jpg

d0105749_17362313.jpg

d0105749_17363782.jpg

d0105749_17364947.jpg

d0105749_1737539.jpg

d0105749_17372276.jpg

d0105749_17373663.jpg

d0105749_17374950.jpg

d0105749_1739166.jpg
d0105749_17392566.jpg
d0105749_1740109.jpg













くじゃく園では さっそくお弁当を広げて みんなで楽しくお弁当を食べました。
その後は、自由時間で くじゃく園の遊具で遊びました。
13時から くじゃく園から大村湾まで降りる遊歩道を進み、ビックリ草を探しました。
勝手に命名①「赤い妖怪」正式名コモウセンゴケ(食虫植物)今年新しい群生の場所を見つけて ちょうど虫を食べているのもいました。
d0105749_17424697.jpg


勝手に命名②「白い妖怪・目玉のおやじ草」正式名「銀竜草」どうぞ ブログに写真を載せてますので ご覧ください。 もちろん子ども達も 「目玉のおやじだ!」と大騒ぎしていました。
d0105749_17442228.jpg



20日に圭太が見つけた時は もっと真っ白でした。
その時の写真 
d0105749_17482136.jpg


小川を飛び越え 整備されてない遊歩道を進み 大きな階段を上り下り 一時間半の山歩きで子どもたちも へとへとでした。 





14:30 くじゃく園出発
圭太号の一年生2年生は爆睡!!
d0105749_1749583.jpg




15:00 天神園到着 おやつ ふりかえり
子ども達は グループに分かれ 今日の「わかったこと」を書きだして ふりかえり用紙に書きました。
d0105749_17513779.jpg


16:20 ふりかえり終了
子どもたち自身が「今日のすげ~」をマミー手帳に書いていますのでどうぞご覧ください。


今日のふりかえりは ブログ内に写真で載せてみました。
どうぞ 子ども達が書いた物を 写真で見てあげて下さい。

d0105749_17521295.jpg

d0105749_17522775.jpg
d0105749_17524173.jpg
d0105749_17531550.jpg
d0105749_1754128.jpg
d0105749_17542790.jpg
d0105749_17557100.jpg
d0105749_175525100.jpg
d0105749_17554283.jpg




それでは! どうぞ楽しい連休を 皆様お過ごし下さい!
1日の笑顔を待ってます!!!!!
by hayabusa00siki | 2012-04-28 17:58 | 学童クラブ
じゃじゃじゃ~~~~~~~~~~ん

d0105749_17535391.jpg


d0105749_1754475.jpg


摂れましたぁ 春キャベツ!!!!


もちろん その場の畑で むしゃむしゃ食べました。

究極の地産地消www

d0105749_17563093.jpg

d0105749_1756492.jpg

d0105749_1757383.jpg

d0105749_1758490.jpg

d0105749_17584556.jpg





「ふぉふぉふぉふぉふぉふぉ・・・・・・・」


おっ! この声は!!!!


d0105749_18115465.jpg

d0105749_1812892.jpg

d0105749_18122652.jpg

d0105749_18124132.jpg

d0105749_1812573.jpg


キャベツ星人が 現れました!!!!!!!



こちらも 今年初収穫!!!!


スナップエンドウを 収穫しました。


d0105749_1814384.jpg




d0105749_1818744.jpg


d0105749_181798.jpg

d0105749_18173324.jpg





もちろん 収穫したら すぐに食べたいマミーっこなんで


d0105749_18223651.jpg
d0105749_18225585.jpg




すごく綺麗な緑に変化したら 出来上がり

海の塩をふりかけて 食べました



食べてる時は あれよこれよと 取りに来るので 写真なんて撮る暇無かったですw


もちろん あっという間に 無くなりました


ごちそうさまでした!!!
by hayabusa00siki | 2012-04-27 18:24 | めろん・ぶどう・ばなな組
めろんさん ぶどうさん ばななさんたちと 筍堀に出かけました。

本当は 水曜日にでかける予定でしたが 雨で。。。中止


翌日の今日。。。


子ども達は すっかり筍モード全開!!!

雨上がりの山なんで 足場の事も考えて 一日開けようかとも思っていたけど

子ども達の期待する目に負けましたwwww


そこで 港インターから びゅ====んと川棚までバスで走って 圭太のばあちゃんの竹林まで!!!



d0105749_18181886.jpg


田んぼの路を歩いて 竹林に入りました!



d0105749_18193537.jpg


竹林の真ん中に 広場があり そこは 祠があります。


昔から 地域の人たちが集まって 行事ごとをしていた場所です。


まずは 祠に挨拶


「よろしくお願いします」



雨のおかげか たくさんの筍が出ていました!!!


d0105749_18213038.jpg

d0105749_1822264.jpg


d0105749_18223815.jpg

d0105749_1823331.jpg

d0105749_18231855.jpg

d0105749_18234652.jpg

d0105749_1824553.jpg

d0105749_18242339.jpg

d0105749_18245234.jpg

d0105749_18251076.jpg






d0105749_18254957.jpg



園に帰って給食!!!

もちろん今日のご飯は たけのこ~~~~


d0105749_18271963.jpg



d0105749_18273376.jpg



子ども達が 今日のたけのこ???というので 

今日のたけのこ!!っていいましたw


本当は 月曜日に竹林を整理しに行ったときにとって 準備していた筍ですw


d0105749_18291282.jpg

d0105749_18304552.jpg
d0105749_1830574.jpg
d0105749_18311050.jpg
d0105749_1831228.jpg
d0105749_18313399.jpg
d0105749_18314689.jpg
d0105749_1832855.jpg
d0105749_18322029.jpg






もちろん たくさん食べました!!!!


ごちそうさまでした!!!!
by hayabusa00siki | 2012-04-26 18:33 | めろん・ぶどう・ばなな組
今年も 天神小学校の4年生の総合の授業をする事になりました!!


天神小学校では 地域に目を向ける 天神を知るという事を目標にしています

そこで 天神山に入るための 始めの森へのきっかけ作りとして 

木育積木を行いました

d0105749_8415918.jpg



今回のテーマは:

(1)森のイメージを引き出す、投げかけを行い 森に関心を持たせる。
(2)木を楽しみ「森ってすごい!」「天神山ってすごい!」を感じる。
(3)次回活動の天神山につなげる

やはり 現代っ子たちは 森とふれあう機会は 稀ですので 

どうしても「暗い」「怖い」「汚い」という マイナスのイメージが多いのではないかと思いました。

そのマイナスのイメージを 今回の木育積木で どこまで プラスに変換できるか

森は「楽しい」「明るい」へなればと思い 木育積木をスタートしました。



10:50あいさつ 
「あなたたちの森のイメージを教えて下さい」と質問をする(10分)
 

口頭質問形式で 子ども達に 森ってどんなところだろう!と質問しました

やはり「自然がたくさん」「緑がある」「虫がたくさん」という意見の中で

「暗い」「怖い」も出てきて 半数近くの子が マイナスのイメージがありました。

11:00木育積木 
積木の約束(なげない・ふまない)


11:05①アイスブレイク(積木のシャワー)
d0105749_8501096.jpg


d0105749_8503010.jpg

積木を軽くこすって 鼻の中に ひのきのにおいを吸いこんでもらいました。

11:20②木を作ろう
まずは自分だけの木をつくろう 

たくさんの独創的な木がうまれました

d0105749_13482735.jpg
d0105749_13491511.jpg
d0105749_13494376.jpg



そして 崩れると拍手です!!!


積木を楽しんでいた子ども達から 「くずれたら また新しいの作れるけど もっといいの作れるね♪」

そう そこで 「木」は 枯れて崩れるけども また新しい木が生まれるチャンスなんだよ だから 

そのチャンスに 拍手をして下さい。 と伝えました


体育館から見える裏山 そこには たくさんの木が見えました。

同じ木は 一つとして無い事 みんなが作った木も 一つも同じものはない。。。


それを確かめるために 全体を眺める時間を作りました。


d0105749_1359945.jpg



11:40③森をつくろう

もっといいものを作るため 

森を作るために 一度 木をリセットします。

胸の中で ありがとうといいながら   


d0105749_1431282.jpg






そして 今度は 数人で集まって 森作りを始めて  

12:05まで 森を作りました


目の前の森を育てて 圭太から時間だから 積木の外に出てと言われた時


はじめて 全体を眺めたこどもが うわぁぁ と声をあげました


天神山の完成です

d0105749_1482381.jpg

d0105749_14131587.jpg





ふりかえりの前に 黒板に紙を貼りながら 少しだけ話をしました。


環境の環は(わ)

森がつながって 環を作っている

環がある森は お互いが繋がりあい 複雑に支え合っているよ と話しました。



そして 子ども達の ふりかえり


今日のわかったことを 書き出してもらいました。



d0105749_14172199.jpg




20120424天神4年生ふりかえり

******************
・森は楽しい所だと思った
・森は迷路みたいと思った
・木はいい香りがだった
・木をお腹の上にのせると気持ちよかった(つめたかった)

*******************
・ひのきのにおいがいい
・森を作るのが楽しかった
・崩れたあとに前よりもすごい
・木が出来た 自分で作ると明るい森が出来た

*******************
・木はいいにおい
・森を作ると楽しい
・見ためは不気味だけど中身は楽しい
・いろいろな形がある
・自分たちで作ると楽しい 自分たちだけの森
・暗いイメージがあったけど 意外に明るかった
・作っていると森の中にいるみたい
・森をつなげると町みたい
***********************
・森は思ったよりも綺麗だった
・森を作ってみると楽しい
・自分達が作った森は景色がきれい
・森を作ってすごく綺麗だった
・森の事がいろんな環境が知れて良かった
・森の事がよくわかった
・思っていたより作ると森がきれくなった
・森じゃなくて町みたいだった




***********************
・森は広くて大切 森は繋がっているもの
・森は綺麗 作ってみるととても広い場所
・思う森よりも 作ると明るい
・本当の森よりも作ると本当の事がわかった
・環境が良くなる
・怖いイメージがあるけど 作ると楽しい 
・イメージが広がっていた
・森の中では環(わ)がある
・今回のつみきは、ヒノキで作っている事が分かった
・ひのきのいいにおいがした
*****************************
・森は始め 暗いと思っていたけど 作ったら明るくて楽しかった
・木には同じ形がない
・森はつながっている
**************************
・重なり合っているとわかった
・つながりながらささえあっている
・森は楽しい。
・森は環境の中の1つ
・木がいっぱいある
・虫がいっぱいいる
・木は同じではなく 1つ1つ違っている
・環境と初めて知った
・森があると違う植物も出てくる
・木が無くなったら新しい命が生まれる
・環境はたいせつ
・森にはどのくらいの木があるのかな
************************
・木は人の役に立っている
・森は繋がっている
・森は楽しい
・木のにおいは懐かしく感じる
・木は森となり支え合っている
・森は自然がいっぱい
・森は綺麗
・木同士は助け合っている
・木は集まって森になっている
**************************
・森は木がいっぱいあってとても楽しい
・自分たちで作った森は明るい
・木はとてもいいにおい
・環境とは環がある森の事
***********************
・森は最初は不気味で怖い所と思ったけど 今はいいところだと思った
・自然はいいところだと思った 
・こすったらいいにおいがした
**************************
・環境は森を大切にしている
・木の形は1つ1つ違う
・木の香りはいい
・森は繋がっている
・木は生まれ変わる
・みんなで力を合わせて 森や木が作れた
・森の空気は気持ちいい
********************
・最初は怖いと思っていたけど 積木で森を作ったら楽しきなって森が好きになった
・できた木が切られた折れたりしても また新しい木が生え換わってくる
・木は同じ木だけど木の形は一つ一つ違う
・ちがう木によって ちがうにおいがする
・森っていう漢字は木がいっぱいあるから森と思う
**************************
・森は繋がっている
・木には色々な種類がある
・ひのきは色々な物に使われている
・ひのきは擦りあったら においがいいにおいだった
**********************
・森はつながったり、離れたりするt事を環境と言う事が分かりました
・環境の環は(わ)という字だとわかった
・木は枯れてもまたいい木が生まれる
・ファブリーズはフィトンチットが入っているとわかった

*************************
・森は自然の一部
・森は繋がっている
・森は楽しい所
・ひのきはいいにおいだ
・森は緑がいっぱいだ
*****************
・森は怖いイメージもあるけど自然がいっぱいある!!
・森はこわいイメージじゃなく楽しい所
・森はこわいイメージがあったけど、今日、学んで怖くなかった
・森はこわい イメージがあったけど楽しいかった
by hayabusa00siki | 2012-04-26 14:18 | プロジェクトワイルド
4月生まれのお友達 

お誕生日おめでとう!!!!!!!!!


d0105749_1829219.jpg




お誕生日のインタビュー!!!

d0105749_18331799.jpg

d0105749_18333167.jpg

d0105749_18334697.jpg

d0105749_18342036.jpg

d0105749_1834333.jpg

d0105749_18344950.jpg





d0105749_18351923.jpg

d0105749_18353988.jpg

by hayabusa00siki | 2012-04-23 18:35 | 全クラス
■21日(土)の報告
今日は、島根県 浜田市より 3人の視察を頂きました。
マミーの食育活動、畑、子ども達の作った筍ごはん、味噌汁にびっくりされて帰られました。
今日の子ども達は 雨の心配もあったので まずご飯作りに取り掛かりました。

d0105749_17544070.jpg

d0105749_17545325.jpg

d0105749_17551295.jpg

d0105749_17552747.jpg





一年生から選ばれた ご飯マスター7人がご飯の仕込みをして 他の人は味噌汁の仕込みをしました。


*【1年生へお願い】
ご家庭でも、お米とぎや野菜切り、洗い物などの練習をお願いします。

ご飯マスターが火起しする時は ときおり強風が吹いて 圭太も子どもたちもドキドキでした。
なるべく火を大きくしない 炊き上げた釜戸は消火するなど しながらご飯作りをしました。

今後も このような風の日もあると思いますので 何かしらの対策をしていこうと思っています。

天気予報は13時から雨の予報でしたので 11:30には ご飯も出来上がり
いしだけ園のログハウス内で ご飯の時間にしました。

d0105749_1756158.jpg

d0105749_17561214.jpg

d0105749_17562413.jpg

d0105749_17563587.jpg

d0105749_17564990.jpg

d0105749_1757384.jpg

d0105749_17572472.jpg






12:20に片づけを終了させて 天狗の森での時間を雨の降り始めギリギリまで行って 

天神園へ帰るバスの中で 降り出しました。


14:30 おやつ ふりかえり
15:30 終了 自由時間


1年生のふりかえり
・筍御飯がおいしかったから うれしかった
・お料理で薪を入れる時に火が怖かった
・いしだけ園の家で、ご飯を食べるのが うれしかった
・天狗の森で 家を作っていたから、手伝うのがうれしかった
・新聞紙を丸くして 水を入れて面白かった
・ご飯をつくる時 煙が目にしみた
・筍御飯が すごくすごくおいしかった
・お汁がおいしかった
・ご飯マスターのご飯がおいしくて ご飯マスターの人が上手だと思った
・筍は毛が生えて気持ち良かった
・火起しの時 煙で涙が少し出た
・薪を入れる時 熱かった
・圭太先生が真面目にお汁を作っていた

2年生のふりかえり
・葉っぱは落ちても また生えてくる
・ご飯マスターをして 今日は風が強いから 団扇はいらなかった
・スナップエンドウは ネットから離れているやつを紐で結んだ方がいい
・天狗の森に つぼみがたくさんあった。
・ご飯マスターのご飯は もちもちでほっぺが 落ちそうだった
・ご飯マスターが風が強そうだったから かわいそうだった
・スナップエンドウを紐で結ぶとき ネットから出ているやつを紐で結ぶ
・クスノキは葉っぱの上に花がある
・秋は(落葉)桜とクヌギともみじとイチョウが落ちる時期
・ご飯マスターを始めてやって、難しかった
・風が強かったからマスターは大変そうだった
・○○ちゃんのご飯は おいしかったよ!!!

3.4年生のふりかえり
・今日は風が強いから 火がかなり燃えた
・落ち葉の季節は秋だけでもなく 春だけでもなく秋と春。
・スナップエンドウの茎は折れやすい
・春は、シイの木、クスノキの落葉が落ちる
・春の木の葉の色は黄緑だった
・レジャーシートは雨を防ぐ効果もある また寒さも防げる
・圭太先生は、腹に新聞紙を巻いてビニール袋をかぶってバイクを運転した事がある(防寒のため)
・秋の落ち葉はザラザラしていて、春の落ち葉は、さらさら(つるつる)している
・葉っぱが落ちる季節は春と秋
・筍の皮はツルツルする
・葉っぱが落ちると 次の日にはもう新しく葉っぱが出ている
・火起しは 風のある時はしない方がいい 圭太の追加:今日の風は本当は火起しないほうがいい
・○○ちゃんへ 火起しできるようになったね おめでとう!!

【子どもの一句】
はるになり てんぐのもりも ころもがえ

さぁ 来週は 今年度初のお弁当の日!!!
どうぞよろしくお願いします!!!!
by hayabusa00siki | 2012-04-21 18:09 | 学童クラブ
4月になって 初の幼児組さんのいしだけ園です

小学校の春休みと一年生の下校時間の関係で なかなかゆっくりお出かけ時間がありませんでした。

天神公園や マミー園庭では 春を楽しんでいましたが

一年生も 給食が始まり

下校時間も 午後となったので いしだけ園での畑活動再開です!


そこで 子どもたちも大好きな サツマイモの準備をしました。


d0105749_1461091.jpg



通常 さつまいもは ツルを植えますが そのツルを出してもらうための作業です。

さつまいもは 30℃越えないと 芽がでないそうですでの

「温床」を作りました。


先日、紹介した子ども農業雑誌「のらのら」に載っていた 

「温床」作りを 本来は 発泡シチロールで行うのですが


畑でやってみました。



落葉を集め ふんで固めて  米ぬか・油粕を混ぜます。


すると 菌の作用で 醗酵して温度が上がります。


この温度を利用して 発芽させるのです。



さぁ 今回 マミーでは初挑戦。


どうなるかな?



d0105749_14115031.jpg




d0105749_14121188.jpg




d0105749_14133341.jpg
d0105749_14142424.jpg
d0105749_14144717.jpg
d0105749_14151984.jpg
d0105749_14154441.jpg
d0105749_14162197.jpg




た~くさん ツルが出たら 芋つるをさしたいと思います。
by hayabusa00siki | 2012-04-18 14:16 | めろん・ぶどう・ばなな組

2012年4月15日西日本新聞

マミーの子ども達の写真が 西日本新聞に掲載されましたので ブログに掲載します。

写真は マミーの卒園児で 今立派な小学生です!!!!!

d0105749_18414053.jpg

by hayabusa00siki | 2012-04-17 18:41 | 生ごみリサイクル・食育
てんぷら未知の味との遭遇 トビとの遭遇

今日お手伝い頂いた 保護者の方へ
てんぷらの調理など たいへんお疲れさまでした。
おかげで おいしく安全に活動が出来ました。
お礼申し上げます。

春の日差しで 顔も赤くなっています。どうぞお肌ケアしてあげて下さい。

9:30 天神園の庭で タンポポGET!
いしだけ園のタンポポが少なかったので いしだけ園へ持って行きました。
d0105749_19264382.jpg





10:10 いしだけ園でご飯マスター決め 
一年生が、上級生の顔を見てwご飯をおいしく炊いてくれそうな人を指名し、ご飯マスターに任命。任命された人は 一年生の為、自分の為、仲間の為に ご飯の用意をしました。
もう 一年生から「あなたのご飯を食べたい!」と言われた。
責任感重大な ご飯マスターを行いました。

ご飯の仕込みと 味噌汁の仕込みをしてから

・なずな(ぺんぺん草)
・カラスノエンドウ(ピーピー豆)
・ヨモギ
・オオバコ(オジギソウ)
・菜の花  を畑でGETしました。
d0105749_19304857.jpg



d0105749_19344783.jpg


d0105749_1935927.jpg
d0105749_19352948.jpg
d0105749_19354850.jpg


12:00から 子ども達は 火起し&飯ごうご飯、味噌汁の煮炊きを開始!
お父さん、お母さん達が てんぷらを揚げてくれました。

d0105749_19372846.jpg

d0105749_19374655.jpg


d0105749_19362641.jpg


d0105749_19364257.jpg

d0105749_1937372.jpg



13:00 ある程度 てんぷらが揚がり ご飯も炊けた所で
まずは「ヨモギ」のてんぷら解禁!!!
どどっと 押し寄せた子ども達で あっという間に無くなり 
至るところから「うまい!」という声がしていました
「たんぽぽ」「なずな」「おおばこ」「なのはな」と どんどん出てきて
d0105749_19382512.jpg

d0105749_19403387.jpg

スペシャルてんぷらパ―ティの開催となりました。
d0105749_19384970.jpg


また、鶏肉・芋・かぼちゃ・かきあげも揚げてもらって 

子ども達は なんども なんども テーブルと揚げ物コーナーをいったり来たりしていました。
d0105749_1939963.jpg


14:00 片付開始!!!
なかなか今年の一年生は 洗い物が上手! お家でやってる人は すぐに分かりました。
合言葉は「お水ちょろちょろ 手でごしごし」

14:30 さあ 時間になったんで 帰る前の挨拶をしようと整列している時。
子ども達の脇を 大きな黒い物が通り過ぎました!
すぐその影は 上昇し 空へ!!!
d0105749_19413674.jpg

とひゃ~~~ トビが来たんです。
もう本当に 子どもたちもびっくり。

ある子が 鶏のてんぷらを落とし、、、 そのままにしていたようで
その鶏肉を取りに来たんです。

かなり近くにまで来ていたので すぐに子どもたちを いしだけ園のログハウスに入るように指示して 圭太が庭の中央に立ちました。

すると トビは 圭太の頭の上を旋回、

鶏肉を 真上に投げると 足を出して取りに来ました!!!!

d0105749_19423979.jpg







子どもたちも「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」というほど 近くまできて

一度は 圭太の前で急旋回。思わずのけぞった後に 羽のすごい風圧を感じました。

結局 キャッチはできませんでしたが とっても面白い経験できました。

でも 帰らなければいけない時間だったんで 残念なことに 出発になりました。

15:10 天神園到着 おやつ ふりかえり

かなり トビの印象が強かったようで ふりかえりもトビのことが多かったです。

一年生のふりかえり(インタビュー形式4年生が代筆)
・鳥がエサを食べる所がすごかった
・ご飯マスターが真剣にしていたから すごかった かっこよかった
・タンポポが食べられるなんて知らなかった
・ご飯マスターで 圭太先生の顔をみたら きびしそうな顔だった
・長い草を食べたらたべれなかった→堅かった
・オオバコは観つけるのが 難しかった→踏んでいて分からなかった
・葉っぱはまずかった→葉っぱは食べた事が無かった、ホウレンソウとは違った
・ご飯マスターが味噌汁やご飯を炊くところがカッコよかった
・ご飯マスターで 煙が出てきてたけど おいしいご飯が出来てうれしかった
・材料が自分たちで集められて うれしかった
・洗い物がみんなでできて良かった
・トンビは生きていない物を食べる
・タンポポは今まで食べた事のない味だった
・オオバコがてんぷらになると初めて知った

2年生のふりかえり
・タンポポをてんぷらにして食べるなんて驚いた
・草を食べるなんて 思ってなかったからビックリした
・オオバコは 5本の線がある
・トンビは肉食動物
・カラスのエンドウの花の形は 花の形がおかしかった
・トンビの動きが早かった
・ヨモギがてんぷらにしたら おいしかった
・トンビは猛禽類なのが分かった
・トンビは死んでいる魚などを捕まえる事がある
・葉っぱのてんぷらの中らへんがおいしい
・ヨモギは 上の黄緑の葉っぱが食べられると 今日初めて分かった

3年生のふりかえり
・スピードが速い鳥は キャッチがしにくい→まちがい・遅い
・トンビは生きていない肉を食べる
・トンビは鳥類
・薪の量が多かったり 少なかったりしたから 難しかった
・ご飯マスターを久しぶりにして 難しかった。


今日のトビの印象がすごいらしく
子ども達は その速さにびっくりしていましたが 
鳥の羽根には 種類があり 
「早く飛ぶ羽」「力がいる羽」がる事を説明しました。

すると トンビは?の質問に
「力がいる羽」との答え そうだから 獲物を投げても なかなかキャッチできなかった
トビは 早く飛んでいるように見えるけど 実は遅い

だから 生きて逃げまわる魚や小動物より 死んでいる魚を捕まえる事が多いと説明をしました。

思わぬハプニングで いっそう楽しい活動になりました!!!
by hayabusa00siki | 2012-04-14 19:43 | 学童クラブ
めだっちゃって ごめんなさい!


d0105749_7301747.jpg



農文協さんの 

家族で楽しむ こども農業雑誌

のらのら

2012年春号!!!! に掲載頂きました!!!!

農文協さんには 

2010年1月号 表紙とカラ―記事 食農教育
リンクは以前のブログです。
http://sotoasobi.exblog.jp/10559104/

2011年3月号 表紙とカラ―記事 食農教育
リンクは以前のブログです。
http://sotoasobi.exblog.jp/12900147/
http://sotoasobi.exblog.jp/12686970/



と3回目の掲載です!!!!!!

そして 今回は のらのら で!


圭太特集!!!!! 

d0105749_7301747.jpg


しつこく2回目 (^O^)/ 




今回も 古着で買った100円のズボンで 本に載っちゃいました!!!!!!



さぁ~て お気づきの人も多いと思いますが  


圭太特集!!! 



嘘つきました。。。。



ゴメンナサイ。。。。。



d0105749_7442485.jpg



拡大写真でした。


今回の掲載は 


のら苗&タネとり栽培 

で今年1月に 編集長 ご本人が 佐世保のマミーまで 来ていただいて 取材してもらいました。

マミーでは 生ごみリサイクル畑で野菜を育てていますが
給食の約8割は マミー畑の野菜を使っています。

前年のこぼれタネや 生ごみにまじっていたタネからも発芽した「のら苗」も栽培しています。

そこで 今回は 「マミーのら苗」を取材頂きました!!!!!!



どうぞ 「のらのら」 ご購入頂いて 見て頂けると嬉しいです!


d0105749_8385744.jpg



(社)農山漁村文化協会 (略:農文協)
ホームページはこちら・・・
http://www.ruralnet.or.jp/syokunou/

以前のマミーが載ったバックナンバーも ご覧いただけます。




このブログを見て頂いた 保護者の方 指導者の方 支援者の方

特に 畑をされてる方は 裏技っぽい 栽培方法がた~くさん載ってます。

保育園、幼稚園、学校などの花壇でも 応用できる方法満載ですので 


どうぞ 読んでみて下さい!!!!


マミーでは 定期購入して 子ども達と 活用中です!!!!



最後に もう一度 

家族で楽しむ こども農業雑誌


のらのら 
d0105749_8385744.jpg





by hayabusa00siki | 2012-04-11 09:04 | 生ごみリサイクル・食育