衣川圭太の外遊び日記と一般社団法人マミー(マミー保育園・マミー学童クラブ)の出来事 sotoasobi.exblog.jp

「遊びが一番!とことん遊べ!」 食育・環境教育をしながら子どもたちとの活動日記 マミー佐世保市天神町1193-4 0956-34-4406 batesman@jmail.plala.or.jpマミーの子ども達の本「お野菜さんありがとう」発売中


by hayabusa00siki
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2011年1月31日お誕生日会

1月生まれのお誕生日会を行いました。
d0105749_1749942.jpg




まずは お誕生日のお友達へ 「ハッピバースデェ~」のお歌のプレゼント


そして 今月のお誕生日のおともだち!!


d0105749_17502776.jpg

d0105749_17504030.jpg



おたんじょうび おめでとう!!




二人とも もうすぐ お兄ちゃん、おねぇちゃんの予定です!




続いて お誕生日会 担当の先生の出し物。。。


今日は 大型しかけ絵本


青色のページが 黄色いバスにかわり・・・


子どもたちも 元気よく 「バス~~~~~~」と言っています。

黄色いページが 黄色い船に代わり 「ふねぇぇぇ~」と大きな声が!


緑のページが トラックにかわり。。。。


「テンボスのトラック!!!」と圭太が言ったけど 子どもたちは「シラ~~~~」



外した。。。と思いいつ



白いページへ   
d0105749_17515617.jpg



じゃ~ん 大空を飛んでいる 「ひこうき」という返事が来るかと思いきや!!!!

d0105749_17521425.jpg


「じえいたい!!!」




大人は大笑いwwww



さすが マミーっこ!



マミー保護者は 自衛隊さんが 多いもんでwww
by hayabusa00siki | 2011-01-31 17:59 | めろん・ぶどう・ばなな組

31日天神道路7:30時点

現在7:30の更新です。

天神町付近の道路は 問題なく通行できています。
ただし、一部では まだ少しばかり 雪が残っていますので

御気をつけて走行ください。


バスなどは 通常通り運行予定です。
by hayabusa00siki | 2011-01-31 07:33

31日朝の道路

31日・通常保育・マミーバス通常運転予定です




おはようございます
31日朝6時00分の天神町 及びマミー付近は 一部凍結していますので 6時台に登園される方はお気をつけ下さい
by hayabusa00siki | 2011-01-31 06:16
今日もいしだけ園に出かけてきました。

「なにする?」「なにする?」という子どもたち。。。

薪はないぞ。 どうすると言っても あまり反応なし。。。


反応がないまま。。。


生ごみリサイクルの管理機で 土おこしに出かけました。


d0105749_1616467.jpg

d0105749_16161693.jpg



ほんの4人だけ 管理機のもとに来て 耕しましたが 他の子は 無反応。。。


どうも 反応が無く。。。。


圭太も「じゃ なんすっとよ!」と いうと 「自由!」と一人の男子が 間髪いれずに 発言しました。



「じゃ やめ! 自由」



子どもたちは さらに固まっていました。


たぶん 圭太の顔も怒っていたんでしょう。


子どもたちは だらだらと 移動をし 


「自由!」とさけんだ 男子たちも いつものように走り回る事もなく


ぼちぼち あてもなく歩いている子がほとんどでした。


時間がたつほど 遊ぶ方ではなく だんだんと 集団が出来て 何もしなくなっていました。


その横で 圭太は 薪割りをしていました。




********************************
この部分は 天神園に帰ってきてからの ふりかえりでの子どもたちの「自由時間」に対する気持ちです。


圭太が自由だと言った時の気持ち

・なんで自由?
・気まずい
・○○が自由と言ったからこうなった
・怒られているのかな?
・冗談じゃないのかな?
・自分でやるしかないか・・・
・どうすればいいか 戸惑った
反対に
・ありがとう
という気持ちもあったようです。


自由の最中 子どもたちは自然と集まり 固まっていました。
数人は 歩いて何かを探していました。
その時の気持ち

・何をしよう
・イラっときた
・つまんね~
・本当にいいのかな~
・どうするか話し合っていた


圭太自身も イライラしていた所もありました。
薪割りしながら 子どもたちの行動を見ていると 反省しながら。。。
考えてもいました。
反面 どうするのかな。。。。。という期待も。。。。

*************************************


薪割りをしている時

「今日は みんな薪割りする?と聞いても 何も言わなかったけん。
この薪は 大人用! やらんもんね」と意地悪を言ってみました。


子どもたちは 少しずつ 薪割りではなく 今日の為の 薪を集め出しました。

行動が始まると 子どもたちの顔にも変化が出てきました。

この顔の表情の変化に 何かあるのかなという思いが出てきました。

昼ごはんの時間の時間が近くなると(11:00) 子どもたちは昼食の準備を始め


顔の表情も明らかに 代わっていました。



**********************************
この部分は 天神園に帰ってきてからの ふりかえりでの子どもたちの「自由時間」に対する気持ちです。


・薪わけてくれないのケチ!
・薪を狙おう
・がんばろう
・できるかな
・これできまりだ!


子どもたちは 行動がきまり出すと 不安から安心にかわり
やる気と目標が生まれたようです。

***************************************



昼食作りという行動目的がはっきりして

子どもたちの動きは かなり変わりました。

表情もいつものように なり 野菜を切り終え 火をおこして 釜戸に向かっている子どもたちは

すっかり不安は消えていました。



d0105749_17214466.jpg

d0105749_1722034.jpg

d0105749_17222399.jpg



いつもは 一緒に活動している大人は 子どもたちが食べ始めてから ご飯を食べています。


しかし、今日は 「これは 大人の薪!」という 事にしたので 


大人の分だけ 作ってもらいました。


大人の分が 先に出来上がり 「どうするか 食べてみよう」と 


さっさと 大人だけ 食べだしてみました。


子どもたちは 顔で「ありえねぇ=========!」という表情にかわり



のほほんと 支度していた子どもたちの動きが がらりとかわり。。。。



なんだか 今までに 観た事無い 動きの早さ、積極さがでてきました。




おもしろい!という表現は おかしな事ですが



「大人がさきに食べている」という事で かなりの刺激になったのでしょう。(^^)




今日は、鶏としいたけ、人参の炊き込みご飯・桜島大根の味噌汁にしました。




d0105749_1732307.jpg

d0105749_17325795.jpg

d0105749_17331357.jpg




昼食の 片付も終わり 「どうする?」と聞くと 今度は 「自由時間」ではなく 

「天狗のもり!」とう返事が来ました。


ここは 具体的に言わないと!とみんなが 感じていたんでしょうwwww

約50分 天狗の森で遊びました。


ジャングルゲームをやっていると なぜか圭太はすぐに見つかります。。。


しかも 連続で 1人目で見つかります。。。



ちょっと はぶてて 隠れる所を探していました。



ここだ!と思った場所。。。。



d0105749_17371192.jpg



おおおおおお いいものが集まってる!!!!!!!!!!!!




d0105749_17374695.jpg




わかりますか?

木の根元のくぼんだ所に ドングリがいっぱい


しかも かじられたドングリ!!!!


ねずみの食事場所です。



みんなで見た後に 天狗の森を後にしました。


天神園に帰り 今日のふりかえりでは 「自由」と「その他」に分けて

話し合ってみました。

それが前出の赤字***********の部分です。



みんなの「自由」にたいする 時間と心の変化を聞いてみました。



やはり 「不安」から 時間がたち 少しずつ行動がきまり出した時


子どもたちの中から 不安は消え 行動する為の「目的」が生まれると安心が生まれ テンションが上がるようです。

天狗の森では 楽しく自由に遊んでいた子どもたち その事も踏まえて 子どもたちは 午前中の自分たちの気持ちを分析していました。



子どもたちは 目的がある自由は楽しく 目的がない自由は楽しくない 「自由」って難しいねと

導き出してくれました。


圭太からは 「自由は 早めに目的決めて みんなで行動しないと時間がもったいないね」と伝えました。

そして 「朝はなんで 管理機しなかったの?」と聞いてみると

「テンションが上がってなかったから」という返事。


「テンション???」と聞きなおすと


「昼からだと みんな したと思うよ」という返事




いやはや 今日は とても圭太が勉強になる日でした。



子どもたちと接するには 敏感に感情を拾い 子どもたちの要求する事を把握しないといけません。

かといって ルールとして行う行動は、「子どもが主役」という事に反します。


しかし 放置に近い自由を与えても 「目的」「行動」がきまらず 子どもたちは不安になりました。


子どもたちと接する「支援者」として 子どもたちに「場」を作り 「場をまわす」と事の大切さ

そして ルールまでは行かない「規範つくり」がとても大切であるとわかりました。


子どもたちのテンションを上げる きっかけ作り

そして なにより 自分のイライラを 気分を出さない事 とても反省の日でした。


もう今日の 子どもたちには 勉強をさせてもらいました ありがとう!!!



        
by hayabusa00siki | 2011-01-29 18:34 | めろん・ぶどう・ばなな組
26日 とっても寒い日になりました。

でも 子どもたちは元気いっぱい!!!

氷をつんつく 遊んでいます。

d0105749_1472266.jpg



何してるのかなぁと思ったら。。。。。。


d0105749_1483469.jpg



畑のかごに乗って 遊んでました。


かわいかったから パチリ!!!




その後は 久しぶり 管理機で 土を耕して 遊びました。


直線だけだけど ちゃんと3歳児の ばななさんたちも 運転しましたよ。




27日 むしゃむしゃ。。。。。



d0105749_1411634.jpg


むしゃむしゃ。。。。。。



何食ってるん????



マミーの人参 大根を かじり中です。



d0105749_14123335.jpg

d0105749_14124580.jpg

d0105749_14125548.jpg

d0105749_14131154.jpg

d0105749_1413476.jpg

d0105749_1414925.jpg

d0105749_14144435.jpg

d0105749_14142829.jpg






28日(金) 玉ねぎとスナップエンドウに 追肥しました。

d0105749_14163182.jpg


d0105749_14165262.jpg




玉ねぎとスナップエンドウを良く見てから イチゴの苗を見比べました。



「あああ いちごさん ペッたんこ」




地べたにくっついた イチゴの葉を見て 


「いちごになってん」というと わらを頭にのせている子もいました。




d0105749_14191010.jpg


d0105749_14192753.jpg

d0105749_14194399.jpg



給食用に さくらじま大根  かぶ 白菜 こまつなを収穫し


バスまで運んでくれました。
by hayabusa00siki | 2011-01-28 14:20 | めろん・ぶどう・ばなな組

2011年1月23日(日) アルカスSASEBO で 「させぼ食育フェア」と「食育祭inさせぼ」が開催されました。




アルカス食育祭の記録 

はじめに

アルカスの食育祭にマミーも参加しました。そして 小若順一先生の講演をお聞きしました。
ひさしぶりに 本気モードの記事です。
素人の記述ですので わかりにくく 専門家の方が読むと怒られる事もあるかと思いますが
素人が感じたままに 思ったままに書いております。


以下の文章は マミーの保護者向けに配布したお手紙 ≪黒文字≫
         ブログでの補足説明を≪赤文字≫  
         そして 写真、リンクを入れ込んでいますので 

携帯からご覧の方は 少々見難い記事になっている事をご了承ください。
できましたら パソコン
からご覧になり 各リンクもチェックして下さい

よろしくお願いします。<(_ _)>








2011年1月23日(日)アルカスで食育祭が行われました。食育を行っている団体の報告ブースや
小若順一さんの講演「食べなきゃ危険」を始め、体験コーナーや展示即売会などがありもちろんマミーでも報告ブースの設置、園長の講演(小若先生第2部講演内)を行ってきました。




■マミー報告ブース
マミーで育てた桜島大根、特大大根、特大人参などを飾り、給食の見本、子どもたち・ベジブロススープの写真、病気欠席の減っている表、給食成分分析の結果などを展示して「へちま」の種などを配布しました。結果推定ですが、500人ほどの方たちに訪れて頂き話をする事が出来ました。ベジブロススープを用いた調理方法で、一般の調理と比べた成分とは 5倍近いカルシウムやマグネシウムの違いに驚かれ、病気欠席の推移を見て納得されている方が多くありました。また食育給食の見本ではどれもおいしそう!食べてみたいという声もたくさんでした。隣のブースの農文協さんと「来月の食農教育ではマミーが表紙です!」と宣伝もしてきました。吉田俊道氏の現在作成中の著書で「おそらく欠席日数は日本一少ない」と書かれる予定です。

d0105749_1265660.jpg

d0105749_1274682.jpg

d0105749_1282190.jpg








■小若順一先生講演「食べなきゃ危険・ミネラル不足の食事」
以下は講演内容と著書「新型栄養失調」より
小若先生はNPO食品と暮らしの安全基準代表をされ ミネラル不足で起こる新型栄養失調の危険を講演されました。

NPO法人 食品と暮らしの安全基準のHPはこちら
http://tabemono.info/

著書「食事でかかる新型栄養失調」はこちら
http://tabemono.info/shuppan/newshoseki4.html


本の内容 上記URLより抜粋

●第1章 初実測!人気食品のミネラル量
●第2章 ミネラル不足の理由を追う
●第3章 〝純水〟にレッドカードを
●第4章 躁うつ病が蕎麦食療法で劇的改善
●第5章 子どもの障害が消えていく!
●第6章 ミネラルが起こした数々の「奇跡」
●第7章 新型栄養失調から回復する食べ方








「栄養失調」と聞いても現代の日本の豊かな食には、ほとんどあり得ないと思われている方も多いと思います。小若先生の言われる「栄養失調」とは カロリーを取れていても食品に含まれているカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅が全く足りていないと警鐘されています。


朝食「パン・コーンスープ・ヨーグルト」昼食「幕の内弁当・サラダ・ヤクルト・ペットボトル緑茶」夕食「からあげ弁当・ポテトサラダ・おしんこ・ビール」総カロリー2655キロ すぐに買う事が出来る食品で厚生労働省などの食事バランスガイドでも十分な内容になりますが、これらのミネラル分を測定するとカルシウム実測352(必要量650)、マグネシウム実測154(必要量280)、鉄実測4.4(必要量6)、亜鉛実測6.6(必要量10)、銅実測0.44(必要量0.7)まったく成人男性にも足りていない状態だそうです。
カルシウムなんて1~2歳児の必要量ほどしかありません。すなわち成人男性がこれだけ食べても2歳児のカルシウムしか取れていないそうです。異常が出てくる事は明らかです。

講演で使われた別メニューの写真です。
d0105749_12255363.jpg


注目してほしいのは 「幕の内弁当」の文字の下
カルシウムは1~2歳児が必要な量 マグネシウムは8歳~9歳
鉄や亜鉛は3~5歳児の必要な量ほど しか 弁当1食食べても ミネラルが取れないという事です。
この量、大人が食べて 満腹ですよね。。。 大人なのに幼児の量
子どもなら 食べれる量も少なくなるので もっと摂取量は減るはずです。
絶対的な ミネラル不足です。







その他 健康食で売られている食品も まったくミネラルが無いそうです。
10種類ほどの食品データを見ました。
1カ月も続けると心身を損なう恐れがある「新型栄養失調」となります。




 なぜ?ミネラルが少ない食品になるのか??食品を奇麗に見せるための精製が原因と言われています。

見た目を良くする為、不純物を取り除く事が精製ですがこの時、ミネラル分まで取り除かれるわけです。

玄米から白米へ、

この文は、著書「食事でかかる新型栄養失調」より抜粋
江戸時代より 玄米をついて白米ばかりを食べると脚気(かっけ)になる事がわかっていた(中略)明治時代陸軍と海軍が創設されると(中略)森鴎外が陸軍軍医に就任し、白米がいいとして陸軍は白米に戻した。そのため日露戦争では、脚気によって死亡した陸軍は4000人のぼった。戦闘で死亡した兵士よりはるかに多かったのだが、それでも陸軍は白米を変えず、日露戦争では脚気で2万8千人もの兵士が病死した。これに対し麦米を食べていた海軍では脚気による死亡者はほとんど出なかった。





水煮食品コーナーなどは透明の水に入っている、冷凍食品は冷凍する時に細胞膜が壊れ細胞のミネラルが溶け出るのでレトルト食品のミネラルは極端に少なくなる、


スーパーで売られている水入りパックの野菜 ほとんどが水が透明です。透明という事は その水にミネラルはすでに含まれていないという事。。。 だって 水にさらしたら どんな野菜でも 水が濁るでしょう。
その濁りこそ ミネラル 


そして冷凍された食材は 一度洗浄してから 材料として食品加工して 冷凍食品が作られる
冷凍され 解凍され その時ミネラルが 洗い流され 加工 すなわち すかすかな材料で作られる




てんぷら油は、無味無臭にするため徹底的に不純物を取り除いているので油で揚げると食品のミネラルが抜け出し、油に吸収される代わりに食品に油が入り込む(油が汚れるのはミネラルが食品から出ているから)


そしてカロリー0の食品たち これは カロリーを抜くことは 油溶性ミネラルを減らした商品
風味や色も変わるので さらに加工されている

d0105749_13151483.jpg



飲料や食品を作るときほとんどの工場で純水が使用されている。純水にはミネラルは含まれない。


これは圭太の個人的経験です。
昔、ある工場で仕事していました。そこはクリーンルーム よく全身白い服を着て エアーシャワーでほこりを飛ばし 誇りの無い部屋で仕事をしていました。

そこの洗浄ルームで 流れていたのが 純水。。。


工場用純水でしたが 最初に受けた説明が 「絶対飲むな」 「腹を壊すぞ」 でした。
今 このブログを書きながら 思い出しました。


著書「食事でかかる新型栄養失調」では 純水製造装置を家庭に購入してから 体調不良になり心身が不調になってしまった72歳の方の事がかかれてあります。
そして 使うのをやめてから 体調が戻ったそうです。



著書の中では 「純水を飲む事で引き起こされるリチウム不足は、躁うつ病が増える原因になると考えられる」「ピュアだから安心だと思われている」と書かれています


そして リン酸塩が使われている事 リン酸塩は体内には毒性が無く安全とされているが、ミネラルと結合し体に吸収されるはずだったミネラルと共に体外へ出て行ってしまう。

すなわち せっかくミネラルを体に入れても リン酸塩が ミネラルと一緒に 体外に出てしいます。



リン酸塩は、にごり防止・変色防止・鮮度維持・乾燥防止や増量などに使われています。肉を軟らかくするためにも、特殊な注射針で リン酸塩が圧入されます(霜降り加工)。

おどろいたこの画像
細かい針で リン酸塩が注入され お肉は柔らかく ジューシーに そして 量も増えます。
魚までもが 化学調味料を注入され 旨みが増量されます。
魚を食べている時 背骨が ぽろぽろ折れる魚 それは 注入された証拠だそうです。
だから 売ってある揚げ物は 柔らかくて おいしいんですねw

d0105749_1320646.jpg

d0105749_1329648.jpg

d0105749_13292125.jpg







柔らかい肉、冷凍食品などはリン酸塩がたくさん使われているそうです。これらがミネラル不足の食品を生み出した原因だそうです。






 カルシウムが不足すると神経・精神障害 鉄が不足すれば、疲れやすくなり頭痛も起こる。
マグネシウム不足では神経過敏、抑うつ症がおこる。
三ミネラル不足にはどうやら うつ病、躁うつ病と関連があると考え、天然だしを作りミネラル不足を補う事を実践されました。



なぜ天然だしなのか?「ほんだし」は、化学調味料が主成分だから殆どミネラルはない。「白だし」も酵母エキスだからミネラルはやや少ない 


そこで小若先生はメーカー(マエカワテイスト)と協力し「無添加白だし」を作り販売を開始、
無添加白だし三合わせ
http://tabemono.info/shop/64_149.html





しかし「無添加白だし」は主要ミネラルが少ないという弱点がある。そこで蕎麦でマグネシウムと鉄、海苔で主要ミネラル全般、天然だしでリチウムを取る方法で 「躁うつ病」で治療に通っている5人にモニターになってもらい1カ月間蕎麦を食べる日、蕎麦湯を飲む日を繰り返してもらう事を実践してもらうと3人が予想以上に症状が良くなったそうです。

他にも「感情の起伏が穏やかに」「更年期障害を乗り越えた」「ストレス性疾患が劇的改善」などが報告されたそうです。
 

さらに驚いた事は、アスペルガー症候群も改善されたという事です。
特集◆アスペルガー症候群奇跡の回復Ⅰ
http://tabemono.info/report/report_11.html

特集◆アスペルガー症候群奇跡の回復Ⅱ
http://tabemono.info/report/report_11_1.html



四歳男児 太郎君のケース アスペルガーの特性が見られ、保育園の玄関では毎日大泣き、こだわりも強くトイレに行くのを極端に嫌がり4歳でもオムツを使用 朝食にはバームクーヘンやカステラ、お昼は給食を時間をかけてやっと食べ、夕食はラーメンやチャーハンが中心で野菜は苦手だった。


使用3日目で朝の大泣きが止まり、日ごとに穏やかになりサポートの先生も「もう他の子と変わりないので」と他の園のもっと大変なお子さんのもとへ移る。


三週間後オムツが外れ自分からトイレに行くようになる。ダシ摂取後1カ月「食」へのこだわりが消え食べられる物が広がるリクエストをして他の食べ物も食べるようになり「お弁当のおかずは?」と聞くと「野菜がいい」と答える。ダシ摂取後4カ月後、お泊り保育へ出かける事が出来た。


5カ月後、運動会ですべての競技にみんなと一緒に参加する。絵に友達の絵が出てきて、友達に関心が出てきて休日の公園でも自分から入っていき、自分より小さな子どもに対しては、以前では相手を突き飛ばしてしまう場面でも「わかった、わかった。まいったよ~」と言って相手の気持ちをなだめるようになる。そして母親は驚きから安堵へ変わったそうです。他にもいろいろな症例が紹介され 子ども自信そして両親も救われたそうです。
 


気になるこの「無添加白だし」、もちろん販売されていますが、小若先生は「原料はアゴ(トビウオ)」長崎県で取れるアゴのダシをわざわざ東京から買う必要はありませんとレシピを紹介。






水1ℓに入れる目安 煮干し50g(粉末大さじ10杯)アゴ30g(粉末大さじ6杯)昆布3~6g(粉末小さじ1~2杯) 弱火で20分煮て、ろ過すると出来上がり、天然塩や酢、砂糖などで味を調える これを普段の料理に使うわけです。カツオだしは、駄目だそうで、カツオは煮込んでから、煮汁を捨て加工されます。煮汁を捨てる時 ミネラルも捨てられるそうです。佐世保はすごい!と言われました。スーパーに粉末の天然だしが売られている!こんな町は、なかなかありません。





ダシよりももっといい方法それは、3原料を食べる事!「煮干し、無添加のアゴ、昆布」 煮干し粉10アゴ粉6昆布粉1の「調味粉」を食卓においてふりかけにしましょうという事でした。









■園長の講演(小若先生第2部講演内)
マミーの食育活動を別ホールにて140人ほどの方に聞いて頂きました。

d0105749_1415166.jpg


d0105749_1422537.jpg




マミーは「化学調味料を一切使わない」「子どもたちと同じ環境で育った食品」を使い、


米は3分つき米

d0105749_14258100.jpg







・本来は捨ててしまう玉ねぎの皮や捨ててしまう野菜くずでダシをとり(ベジブロススープ)、ダシのいりこや昆布は取りださないでそのまま食べる。

d0105749_1432051.jpg





佐世保湾で捕れた魚を骨ごとすり身、

d0105749_1433936.jpg







塩は海の天然塩、砂糖はきび砂糖、醤油や味噌にもこだわり、おやつ前には、いりこを丸ごと、そして20年以上魚粉と海苔のオリジナルふりかけ(大地といのちの会で商品化)人参の葉っぱを炒った人参茶などを使った結果、





子どもたちの病気欠席率はぐんと下がり、


d0105749_144921.jpg



長崎県衛生協会でマミー給食を成分分析すると、一般の調理方法の5倍のカルシウム、2.2倍のマグネシウム・ビタミンE・葉酸、2倍の亜鉛、1.4倍のビタミンB6 というミネラルたっぷりの給食を子どもたちが食べています。

d0105749_1442893.jpg


d0105749_1444373.jpg


d0105749_1452966.jpg




そして最後に・「食べる子は元気」健康な子どもは、食欲があります。食べる食材選びは、親の仕事です。確かな目で確かな「食」を選んであげてください。さとう、塩、油、調味料は、「健康」につながります。決して「害食」にならないようにとまとめて講演を行いました。

d0105749_1461836.jpg

by hayabusa00siki | 2011-01-25 13:34 | 生ごみリサイクル・食育
毎月第四土曜日 お弁当の日で 
「花の森公園」に出かけてきました。

さぁ 「なにもない!公園」で 有名な花の森ですが!!! 


学童さんたちは 何を見つけるか楽しみです。


年長さん時代に マミーでもらっている 

「ふゆの本」を片手に 出かけてきました。

落ち葉も落ち 木々の枝がすっきりした 自然のフィールドに 子どもたちを野放しにしてみましたw


d0105749_16392728.jpg



さっそく出迎えてくれたのは つばきの花に集まる メジロたち


d0105749_16404982.jpg



モズも来ていました。



d0105749_16452969.jpg




あ!!! エイリアンだ!!!


d0105749_16455240.jpg



本当に エイリアンでしたよw


d0105749_16464332.jpg




菖蒲はないですが いちよ 地図では菖蒲園


菖蒲園は いのししさんのお風呂(ヌタ場)になっていました。



d0105749_16482732.jpg




えびな園 最近のブームか イノシシ対策なのか 網がはられ 


看板が。。。。。。





最近 フィールドサインの本を買いました。

動物のうんちが載っています。
しらべてみると 一番近かったのが さるさん
どうやら おさるさんもいるのかな?

d0105749_16493550.jpg



d0105749_1651197.jpg


モクレンのふわふわの冬芽を触ってみました。
すぐ横は 梅の木

梅と比べてみました。


スイセンのエリア これだけのスイセン あんまり見ないのでは?
もう少しで 見ごろでしょうね!
d0105749_1653530.jpg





ここまでは 花の森の北エリア 約2時間 歩いて 回りました。

ここで 駐車場まで戻り お弁当にしました。

夏に使っていた クーラーボックスに ためしに 弁当を入れて見たら


冷たくなりすぎずに GOODでしたよ!!!

もちろん 保冷剤は入れてません。







ご飯を食べた後は モグラの塚さがし 狭いエリアに 100個近くの モグラ塚がありました。


さて 今日は ウサギのうんちが よくあります。

d0105749_16561416.jpg



すっかり 子どもたちも 動物のうんこ みつけるようになりましたw


ネズミの食べたドングリもたくさん落ちていました。



d0105749_16551393.jpg



大きな木を見ると どうしても 写真に撮りたくなる 圭太です。


d0105749_1705598.jpg




d0105749_1745435.jpg



南側の斜面に降りると 田んぼがあります。



イノシシの電気柵がしてありますが とても自然がいっぱいです。

d0105749_178402.jpg

d0105749_176125.jpg

ニホンアカカエルか ヤマアカカエルかわかりませんが 卵を発見

メダカも冬越ししていました。



d0105749_1773831.jpg


おそらく蜘蛛の卵 


d0105749_178402.jpg

こうぞりなも 地面にはりついて(ロゼット型) 春を待ち望んでいました。





今日は とてもたくさんの生き物を見る事が出来ました。


何もない!公園として有名な 花の森公園は 野生生物の宝庫でした。



今日のふりかえり


d0105749_1711685.jpg

d0105749_17144599.jpg

d0105749_1712687.jpg
d0105749_17122368.jpg
d0105749_17124142.jpg






いやぁ 今日も とっても楽しい一日でした!!!
by hayabusa00siki | 2011-01-22 17:16 | めろん・ぶどう・ばなな組
19日(水) 食育祭用に。。。。 マミーも野菜との写真を撮りました。




d0105749_7432319.jpg

d0105749_7433880.jpg

d0105749_7465192.jpg

d0105749_7471459.jpg

d0105749_7472830.jpg

d0105749_7501098.jpg




d0105749_8105159.jpg




<アルカス佐世保 食育祭>

まず 生ごみ先生の吉田さんからのメールを転記します。

1月23日、日曜、JR佐世保駅横のアルカスSASEBO全館で開催されます。
10:30から始まりますが、講演会は13:30からです。
東京や関西方面から参加される方もおられます。

今回の基調講演は、本来なら日本全体、
世界全体がびっくりするような大スクープの内容です。

簡単に言うと、外食、弁当、惣菜、加工食品、
どれを調べても、多くのものから、
ミネラルなどがかなり抜けてしまっていたという衝撃的事実です。

微量だけど大切なものが土から消えて野菜が弱くなったように、
現代人の食生活は、微量だけど大切なものが食べものから抜け落ちてしまい、

結果として私達の精神活動、免疫システムを
根底から揺るがしている可能性が高いことが分かったのです!

毎日のように新聞に掲載される、幼児虐待
それに多動などの発達障害、うつ病や自殺の増加、
免疫システムの異常による数々の難病。

これらはみな人の精神や免疫にかかわることですから、
もしかしたらこれらが、栄養失調を改善することで、
改善する可能性があるということです。

そんな馬鹿なというような話ですが、
現実に驚異的な改善例があちこちで出てきているのです。

私にはこのことがよくよく理解できます。
だって、生ごみなどを使って、土を微生物とミネラルだらけにすると、
野菜がはっきりと味が変わり、害虫が少なくなり、抗酸化力も栄養成分も高い、
奇跡的な元気野菜を、素人が育てられるのですから!
今、全国の保育園幼稚園で実証しているのですから・・・

分析困難だけどとっても大切な、微生物や微量ミネラルが土から少なくなり、
現代野菜が弱くなったように、
極微量だけどとっても大切な栄養素が食べものからなくなり、
現代人の心と体が弱体化していたのです

食べものだけで、何でも良くなるわけがありません。
でも食べものさえ変えて、心が活性化していたら、
あんな凄惨で切ない事件にまでは至らなくて済んだに違いないと思うのです。


幼児虐待の記事を読んで、現場を想像すると、
胸が締め付けられてしまい、
耐え切れずに、心をそらせてしまう、優しい「あなた」に!
私は心の底から訴えたいです!

あなたにできることがあります。

あなたにしかできないことがあります。

どうか、大勢の仲間に声をかけて、
首に縄をつけてでもつれてくる覚悟で、誘ってください。
聞いてさえくれたら、そのわかりやすい内容にびっくりするでしょう。

「大スクープの内容なら、それこそまずマスコミが騒ぎ立ててくれるだろう」
と、間違えないで下さい。
過去の歴史を見るとわかるとおり、
まず相当数の市民が知らないとスクープにはならないのです。

一番知っておいて欲しい栄養士さえまだほとんど知りません。
(栄養の専門誌2月号では発表されるようです)

「発達障害やうつ病の何割が改善する」と公表するには、
科学的な検証が待たれますが、
その検証でさえ、このまま待っていたら、結局だれもしてくれないのです。

だからこそ今回たくさんの人に集まってもらって
聞いて納得して、簡単な食の改善を即実践して欲しいのです。
実際の数多くの測定結果に基づいて得られた、
とても科学的な内容で、説得力が違います。

食の大切さをみんなに知ってほしいと願うあなたがまず聞いて、
この内容を多くの人に伝えて欲しいのです。
概念論ではないので、とても伝えやすいです。

この内容を世の中の多くの人が知ったら、
厚生省も栄養学会も、本格的に検証し対策を提言するでしょう。
知った食品メーカーから、すぐさま改善に取り組むでしょう。

食品の内容が具体的にどんどん改善されて、人々の心と体に活力がよみがえり、
人は、食を通して地球の生きる力とつながっていることを知り、
優しくなっていくと思うのです。

講演では、大画面を使って、さまざまな食品の実態を公開します。
そして、その原因と、もっともっと元気になるために、
家庭でできる簡単な方法を教えます。

発達障害や、パニック障害、多動、うつ、アレルギー疾患、難病、
そして味覚障害、虚弱体質にいたるまで、
食品中の微量ミネラル欠が関係しているようなのです。
もちろん原因は多岐にわたるでしょうが、
微量ミネラル欠が原因のひとつだなんて、
今までの専門家の常識の中にはなかったものです。

これはまさしく目からウロコの大スクープです。
日々の食事の中での具体的な改善策が見つかったんです!
これはもう、すべての人に聞いて欲しいです!

食育祭のチラシは下記です
http://daititoinotinokai.web.fc2.com/tirasi1.pdf


長崎まで遠くてどうしても行けない方は、
下記の本(食事でかかる新型栄養失調)を読まれてください。
http://www.amazon.co.jp/%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%81%A7%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%82%
8B%E6%96%B0%E5%9E%8B%E6%A0%84%E9%A4%8A%E5%A4%B1%E8%AA%BF-%E5%B0%8F%E8%8B%A5-
%E9%A0%86%E4%B8%80/dp/4883205215


また、長崎県近隣にお知り合いの方がおられましたら、
どうぞこのメールを転送してください。
こころからお願い申し上げます。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

NPO法人大地といのちの会 吉田俊道
yoshi3@alpha.ocn.ne.jp
事務局0956-25-2600


20日(木) 交通安全指導のお姉さんたちが来てくれました。

d0105749_7515180.jpg


手作りの大型絵本で しまじろうの 交通安全のお話をしてくれました。


お姉さんとのお約束は。。。。

・チャイルドシートかジュニアシートを必ず使う

・降りる時は 大人が先に 子どもが後に

・乗る時は、子どもが先に 大人が後に


d0105749_821974.jpg



ちびまるこちゃんの たまちゃんのお父さんが運転する車に乗っていたら


チャイルドシートのベルトを外した しまじろう。。。。


飛び出してきた アンパンマンのチーズで 急ブレーキ!!!


たんこぶできた しまじろうです
d0105749_821974.jpg



絵本は かなりの手の込んだ 仕掛けあり!!!


d0105749_852046.jpg


そして プロジェクターで 「ドレミちゃんの交通安全」


子どもたちも ドレミちゃん知ってるんですねwwww


ちなみに 今の ハートキャッチ プリキュァは 「ドレミちゃんを作ったスタッフ」さんが作っているらしいですよ



d0105749_892160.jpg


d0105749_895174.jpg


d0105749_8101741.jpg

年長さんは 交通安全指導を1年間受けた事による 終了証をもらいました!!!!

d0105749_8105159.jpg

by hayabusa00siki | 2011-01-21 08:13 | 生ごみリサイクル・食育



環境学習指導者(させぼ緑のコーディネーター)の育成を目的とした養成講座が開催されました。

主催は 佐世保市環境保全課 場所は させぼエコプラザで 

今回は、野生生物編として プロジェクトワイルドエデュケーター養成講座を開催しました。

参加されたのは佐世保市在住の方を中心に22名が受講されました。

今回は、プロジェクトワイルドのエデュケーターの資格を授与され 

2月20日の基礎講座を修了された方たちは、させぼ緑のコーディネーターとして市の環境イベント、学習会等への協力をされて プログラムを実施していく予定です。



今回は、 財団法人 公園緑地管理財団本部 主任研究員のファシリテーター 川原洋さんに来ていただきました。

川原さんは、日本のワイルド代表として アメリカで行われる プロジェクトワイルド コーディネーター会議にも出席されていて 大変重要なポストで活躍されている ファシリテーターです。


実は 圭太は平成20年に受講した講座で 意気投合し 同じ年の娘を持つ父親同士という事もあり

講座以来 ずっと仲良くして頂いています。

という事で いきなりですが 川原さんです。



d0105749_17113679.jpg


結果から言いますと 参加者全員に楽しかった!!!

と言わせた 「場つくり」「言葉」「ファシリテーション」 圭太もとても勉強になりました!!!

ありがとうございます。


当日は大雪の予報の為 1時間開始時間を遅らせての スタートになりました。
雪は そんなに多くはなかったものの 冷え込みはすごく 天神町は凍結していました


そして 10時から 講座スタートになりました。

まずは アイスブレイク 「Eye Catch!」 

アメリカではよくつかわれている手法だそうです。

方法: かならず偶数で グループで円を作ります。

円の中央には アヒルちゃんがいます。

そこで 合図で 、「ルック!ダック!(Look Duck)」 みんながいっせいに アヒルを見ます。

またまた 合図で)「ルック!アップ!(Look Up)」、天井をみんなが見ます。

そして 、「キャッチ(Catch)」自分がお話したいなぁと思った お相手に目線のビームを送ります。

みごと 両者の視線が合えば カップル成立です!!!!


その後は 参加者が持参した 「動物に関するグッズ」を見ながら お話してもらいました。



アイスブレイクは 参加者の緊張をほぐすとおともに ファシリテーターの緊張も ほぐします。


だから 圭太は 自分の緊張をほぐす為にも アイスブレイクを行います。



また 参加者側から言いますと 話きっかけが出来るわけですね。


人は お題を与えられると わりとスムーズに話し出す事が出来ます。


いっきに 和やかムードになったところで 


プロジェクトワイルドの体験に入りました。



■本編:P52 「追跡」

これは よくみられる動物の足跡を識別できるようになるためのアクティビティです。

テキストでは 石膏で動物の足跡を取る作業を行いましたが アレンジ版で。。。。

「動物の写真」シリーズ 「足跡の図」シリーズが 配布され  正しい組み合わせを探す

そう ペアを探すという なんたる目からうろこのアレンジです。


実際 追跡 したいなぁと 思いつつ イノシシの足跡しか 見つからないので

あきらめてましたwwww


d0105749_17482016.jpg

d0105749_17561418.jpg


今日は 22名ですので。。。

11種の動物の足跡の組み合わせが出来るわけでね。



な~んと 全部正解!!!!!! すごい!!!


d0105749_17585866.jpg




■水辺編:「私はだれでしょう」

長崎県内での養成講座では よく使っていますので ご存じのエデュケータも多いと思いますが


これも 初バージョン!!!   名刺サイズに印刷された 生き物のカード

これが 「たまご」 「幼虫1」 「幼虫2orさなぎ」 「成虫」の写真が印刷されていて

どれが親?子?を組み合わせるアクティビティです。


d0105749_18154723.jpg


d0105749_18225094.jpg


こんな感じで 並べて行きます。


もちろん 昆虫好きの ヒロさんの解説付きです。

d0105749_18244366.jpg




●実は 話をする 意見交換 を良く行うアクティビティが 行われました。

これは グループで もっと 仲良くなってもらう為という 意図もあるんですよ!!!


そして グループ内の親ぼくが 深まりました。


■新アクティビティ集 「べにザケの嗅覚」

サケは 故郷の川に帰る時 どのようにして 川を上っていくのか。。。。。


現在もはっきりとは 分からないそうですが 嗅覚 すなわち 匂いを覚えているという前提で
皆さんに サケになってもらいました。


まず 4つの匂いが入った ミニタッパの匂いを嗅ぎます。
匂いは 一度しか嗅ぐ事ができません。

もちろん 川は たくさんの分岐点があって サケは海から上流へ向かうのですが

分岐点ごとに 匂いタッパがあり どちらへ行くかを判断していくのです。


そして 最後の 上流へ たどりつけるかな?というアクティビティでした。


前半は みんなで話をしながら どんどん頭を動かし 体を動かしのアクティビティでした。

ひろさんの ファシリテーション 場つくり 規範作りで うまく参加者の方たちが

プロジェクトワイルドの楽しさ 素晴らしさを体験していました。

圭太も めっちゃ おいしい勉強をさせてもらいました。


11:30頃より 今度は 参加者がアクティビティを実施する為の研修になります。


ワイルドでは「ティーチバック」と呼んでいます。


チームで企画案を作り 他のチームにアクティビティを実施する時間です。


今回は ■本編「第一印象」 ■本編「安心するには近すぎる」が用意されました。



今までの長崎県内の講座では 4チームあたり 4つのアクティビティを行いましたが
今回は、4チームあたり2つのアクティビティで 各班アレンジの違いが出て

とても面白いアクティビティが披露されました。




■本編「安心するには近すぎる」1班は 
このアクティビティは 過密状態が、野生生物と人間に与える悪い影響について 説明できるようになる事が目標ですが これを表現する為 一度参加者を集め ロープで囲い 徐々に狭めて行きました。
d0105749_103281.jpg


過密状態になった時の感想を聞き この心理は 野生生物も同じであることを確認しました。

■本編「安心するには近すぎる」2班は
同じ目標ですが 違う方法で(写真撮るの忘れちゃった)
紙にシールで 過密 中間 余裕が表現され ウサギの親子の劇で 表現がありました。


同じアクティビティでも まったく違うプロセスで楽しく 目標達成されました!!!


■本編「第一印象」1班
このアクティビティの目標は 人間が恐れを抱く動物も含め、生態系に対する動物の貢献度を認識できるようになる。

1班は「クモ」が題材に選ばれて 良いイメージ、悪いイメージをグループに書き出し クモの周りにポストイットで 下記表しました。
d0105749_10212241.jpg


以外にも 良いイメージは 悪いイメージより少ないかなと思いましたが
良いイメージも 同じくらい出ていて ばっちり クモの貢献度が認識され 全員でクモはいい奴 になりました。



■本編「第一印象」2班

同じ目標ですが こちらは 1班と違いコマーシャルを作ろう!!!

ムカデ君のイメージアップのために 各班で ムカデPR作戦を実施し 

コマーシャルの発表を行いました。

これも 面白い!!! 今度やってみようかな!!!



テーチバックが終わってからのふりかえりの時間。。。


各班が終わった毎回 A4紙の半分に アクティビティを体験して良かった「Good」 
決して 悪かった所でなく 今度はここを変えて見たらという「Change」で書き出してもらいました。


この紙は アクティビティを実施した班に 戻されて 書かれた紙を見ながら

全体の意見をまとめました。



d0105749_10352274.jpg



d0105749_10365273.jpg


参加者の意見が 直に伝わるこの方法 とてもよかったですね!


皆さん 素直な気持ちで 他の人の意見を吸収して 次に 繋がる何かをGETされたのでは???




ここまでの時間で 皆さんは ワイルドを体験し、実施しました。

そこで コーヒーブレイクしながら プロジェクトワイルドは何?という事でDVDを見ました。



■本編「すばらしき適応」
本来は 鳥のくちばしや 足 脚 翼 体色などを考えて 鳥の適応の好都合な点を確認し説明できるようになる為のアクティビティですが ひろさんバージョンは 「虫」!!!


アメリカと日本を飛び交う彼が 違和感を覚えた物。。。。。



それは アメリカには 虫取り網をもった子どもがいない事。。。。



日本の子ども、大人も含めてですが 「虫取り」をします。

虫取りする子どもは 「日本の文化」だそうです。

みんな へ~~~~ ふかい~ん(注意:ふかい~んは 圭太の心の声です)



方法は、昆虫の 写真を見ながら 
d0105749_10523643.jpg



d0105749_10525184.jpg



「口」「足」「羽」「体」「色」の中で 1つにテーマを絞り込み

これが どんな機能を持ち どんな事に役立っているのかをみんなで話し合いました。



そして ひろさんの 昆虫マメ知識が入った後



発展型で もし この将来 地球温暖化が進み 昆虫たちが進化していくなら 


どんな姿になるのだろうか??????




想像力をガツンと膨らませ 話をしてもらいました。

d0105749_10575729.jpg







■本編「東京のホッキョククマ」

3つのサイコロで表現された クマと氷穴とアザラシの関係

正直、圭太は 参りました。。。。。。。 

参加された方は わかると思います。www


この手法は 公開しませんwww だって 公開するより みんなにしてみたいもん。



まぁ なにより 「わかるという事は ほんの少しのきっかけ」 「わからないという事」
「その時の気持ち」を理解してほしいと言われた ひろさんの言葉


いやぁ かなり圭太は理解しましたよ。


そして この「わからない」時の気持ちを 忘れずに ファシリテーションを皆さんも行っていきましょうね。


最後の30分は 体験学習法と アクティビティの組み立て方についての講義


d0105749_1118415.jpg

d0105749_11194087.jpg
d0105749_1119593.jpg


時間も押し迫っていましたが 参加者の皆さんも ぐっと入り込んで 話を聞いていました。

そして 無事 22名が受講され 新しいエデュケーターが 誕生しました!!!


皆さんの素敵な笑顔をどうぞ!!!!

d0105749_11203260.jpg



今回は 寒い一日となりましたが 本当に皆さんには 参加頂けた事に感謝しています。
佐世保市民の中から 環境教育指導者が生まれ 佐世保市民に提供していく今回の企画に

これほど多くの方が参加して頂けた事に 大変感激しています!!!


今後は、基礎講座で衣川がファシリテーターとして 皆さんとお世話になります!

川原さんに負けない(?w)ような ファシリテーションをこれからも 心に刻んで

活動していきましょう!!!! 今回の新しい仲間に 感謝です!!!


d0105749_11312327.jpg

by hayabusa00siki | 2011-01-17 19:35 | プロジェクトワイルド

業務連絡用 川情報

今日の更新は 川の講座を企画中ですので 講師との打ち合わせ用に更新しています。


相浦西消防署横の水路
d0105749_853412.jpg

左の建物が消防署 橋を渡り 右側にトイレ 

d0105749_862287.jpg

橋のたもとより 下流へ方向撮影
水路の水面までは約120センチほど 

d0105749_875830.jpg

流れはほとんどなし

d0105749_882777.jpg




d0105749_891672.jpg

砂が堆積し 一部陸地

d0105749_8101459.jpg


一番濁りがつよい所

d0105749_8112772.jpg

相浦川合流地点 中州にはいけません。



d0105749_812452.jpg

相浦川 







佐世保市役所(相浦支所)近く


d0105749_8145582.jpg

支所裏に 10台ほどの駐車スペース 


d0105749_8155926.jpg

支所前の階段を下ります。


d0105749_8165946.jpg


階段を下りて 上流に橋 


d0105749_819241.jpg

橋の下

d0105749_8192750.jpg

橋の真下 少々深し

川沿いは 歩ける場所はここまで 



d0105749_8214643.jpg


橋の上からの道路より撮影





階段まで戻り 

階段より下流方向へ

d0105749_8224888.jpg


これより 下流方向へランダム方向で撮影

d0105749_8244742.jpg


d0105749_8253375.jpg


d0105749_8285876.jpg






d0105749_8292040.jpg

by hayabusa00siki | 2011-01-17 08:29