衣川圭太の外遊び日記と一般社団法人マミー(マミー保育園・マミー学童クラブ)の出来事 sotoasobi.exblog.jp

「遊びが一番!とことん遊べ!」 食育・環境教育をしながら子どもたちとの活動日記 マミー佐世保市天神町1193-4 0956-34-4406 batesman@jmail.plala.or.jpマミーの子ども達の本「お野菜さんありがとう」発売中


by hayabusa00siki
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

港小学校の体育館をお借りして お遊戯会と卒園式を行いました。

さくらんぼ組さんから 学童さんまでの総出演!!!

練習中には全くやる気のなかった子は 大はしゃぎで名披露!!

全くもって 子どもって予想ができなくて やっぱり楽しいですね

みんなばっちり 日頃の練習の成果を発揮できました。

卒園式では さすがに年長組のめろんさんたち 
ステージの上で 堂々とした姿を見せてくれました。

正直・・・ 練習中にも おしゃべりやフラフラ・・・ 声は小さく・・

「だいじょうぶかぁ 小学校行けるんかなぁ」と思う場面が多々ありました。
しかし、ステージに上がった年長組は みんなキリッと胸をはり
自身に満ち溢れた目を輝かせ たくましく立っていました。

そんな姿に よちよち歩きだった姿が重なって なんとも言えない気分になりましたが
「こいつらだったら 小学校に行っても大丈夫だ」と確信できました。

しかし、うれしい気持ちと 手離したくない気持ちと とてもなんだか・・・・・・・・・・



さぁ


残り少ない マミーでの生活を おもっぃきり 楽しんでもらうために
明日から、がんがん 遊びまくります。

水曜日は遠足!! 木曜日と金曜日は石だけ園!!!



さぁ 楽しませてあげるけんね めろん組さんたち


そうそう 当日は、550枚ほどの写真を撮りました。
整理してから希望者にお渡ししますねw
by hayabusa00siki | 2008-03-25 17:34 | めろん・ぶどう・ばなな組
今から31年前の1977年3月12日に ある一人のとてもかわいい男の子が
佐世保市内の病院で誕生しました。

その男の子は、12日に31歳になりました。
今日は、その男の1日の記録です。

午前中はめろん組さん、ぶどう組さんと いしだけ園へ出かけました。

いしだけ園は ぽかぽか陽気に包まれて菜の花も元気に花を
咲かせています。
d0105749_1411669.jpg


花の周りには ミツバチが忙しそうに動き回っていました。
子どもたちと一緒に 菜の花の傍らで 身をひそめ ミツバチの歓喜の様子を
のぞかせてもらいました。
時折、甘い花の香りが 優しく鼻をくすぐり 子どもたちもミツバチを見つめながら
ほんわかとした気分になることができました。

子どもたちは「ミツバチさん頑張ってね」と言い残し 次の花畑へ移動しました。

今度は、子どもたちがミツバチになりました。
d0105749_14151350.jpg


ちゅうちゅうと花の蜜を吸って回りました。

枯草の下にダンゴ虫の赤ちゃんを探したり、てんとう虫を見つけたり
なにかの小動物のウンチを見つけてきたり、さまざまな場所に飛んで行きました。

時間がありましたので 林の中に入り、自由時間 斜面を走り 落ち葉で滑ったり
棒でつついたりと 久しぶりの空気を吸って 生き生きとした時間でした。

d0105749_14204120.jpg



東京より 生ごみ畑を5人の方が視察に来られましたので
子どもたちと一緒に 生ごみ畑で 大根を収穫しました。

ウキウキわくわくの子どもたちは 歌まで出てきて とても楽しそうでした。

午後からは、佐世保市の東明中学校の2年生と地域環境ワークショップを
行いに 作業着から 滅多に着ることがない スーツを着込んで出かけて行きました。

中学2年生66人と地域の住民21人が参加され グループに分かれて
「地域環境ワークショップ」の司会として参加しました。
d0105749_1428177.jpg


はじめての中学生対象で 少々開始前より のどが渇いて スクリーンの裏で
お茶ばかりを飲んでいたようです。
今回のワークショップでは、プログラミングから行いましたが 
時間との戦いとなりました。 シュミレーションを何度も行いましたが
やはり、時間がどんどんと過ぎていき 焦りでシャツはぐっちゃりでした。
おそらく、ふだんまったく着ない スーツだったので・・・・

始まりは、アイスブレイクから入りました。
4つの窓を使い、自己紹介の時間を作りました。

その後、ワークショップの前半をスタートさせました。

まずは、「環境問題」と聞いて 思いつく言葉をポストイットに記入。

参加者が 思いつくままにドンドン書き出していきました。

ある程度の言葉が出てきたところで 模造紙の上にすべてのワードを並べました。
まずは、仲間集めです。 

仲間が集まった処で、ワードをグループ化していきました。
この後は、グループした物を関係性を考察してもらいました。

d0105749_14401559.jpg
d0105749_14403514.jpg
d0105749_14405897.jpg



休憩を挟んだ後に

ワークショップの後半では、環境問題の原因と環境問題への対策を
もう一度、書き出し、チェックをいれて 再認識の作業を行いました。


私たちが生活のなかで 何気なくしてしまっている環境負荷の事を
改めて考えてもらいました。

各グループでのまとめとして 「針尾島の環境宣言」を行って
環境宣言の発表を中学生が行ってくれました。

個人の取り組みとして 発表したグループから
地球規模までの環境宣言になるグループもいて とてもいい結果になったと
思っています。

下の画像は 今回の作品です。
黄色い処は参加者名でしたので 消しています。ご了承ください。

d0105749_1629759.jpg
d0105749_16293358.jpg
d0105749_16301379.jpg
d0105749_16304193.jpg
d0105749_1631975.jpg
d0105749_16314315.jpg
d0105749_16322493.jpg
d0105749_16325662.jpg

d0105749_16333481.jpg
d0105749_16343497.jpg

d0105749_16352354.jpg
d0105749_16355244.jpg
d0105749_16361553.jpg
d0105749_16363521.jpg




今回この佐世保市が進める環境市民プロジェクトの一つとしての、
このワークショップにさんかする事ができて 本当に勉強になりました。
依頼をしていただいた 佐世保市環境保全課の方々 本当にありがとうございました。

「成功です」と言っていただけたのも 本当に スタッフの方々がどんどん動いて
いただけたからです。 本当にありがとうございました。

帰りの車の中では ホッとしたのもあってか 下半身がかなりだるかったそうです。w

長崎県内のニュースとして NIBやNHK、西日本新聞などでも 放送されました。

夜は、珍しく19時代に寄託することができ 家族から誕生日を祝ってもらいましたが
誕生日ケーキは 二人の娘に殆んどを食べられてしまったようです。


そんな 男の誕生日の一日の記録でした。
d0105749_16452744.jpg

by hayabusa00siki | 2008-03-13 16:48 | プロジェクトワイルド
◆フォローアップ講座と養成講座のお知らせです。◆

エデュケーター対象のフォローアップ講座
時:4月20日 10:00~17:00 昼食は各自持参
場所:マミーいしだけ園 佐世保市船越町2091-1
対象:プロジェクトワイルド エデュケーター有資格者
参加費:2100円(受講料2000円+保険代100円)
問合せ・申込先:PW長崎県 衣川圭太 
     0956-34-4406(私立保育園マミー 下記のメールでどうぞ
申込締切日:4月10日 
フォローアップ講座内容:アクティビティ体験とファシリテーションの行い方や活動報告の時間等 
           参加者の要望により内容を決定しますので ぜひご意見をお願いします。

エデュケーター養成講座
時:7月5日~6日 13:00~ (2日間ともに受講可能の方)
場所:マミーいしだけ園 佐世保市船越町2091-1
対象:18歳以上の環境教育に興味のある方ならどなたでも
参加費:未定(一万円前後の予定)
早々ながら日程だけ決定しました。
詳しいことは4月中旬以降に決定しお知らせを行います。



◆その他の取り組みのお知らせ◆
①3月12日 佐世保市東明中学校にて 中学2年生と地域の大人を対象とした地域環境教育ワークショップを行います。 「地域環境ワークショップ」は
佐世保市の第6次(次期)総合計画における「佐世保“ならでは”環境市民プロジェクト」を推進する事業です。
現在、佐世保市環境保全課と協力してプログラム開発を行っています。12日以降に私のブログに結果報告をしますね。
②3月13日 19:00~ マミーいしだけ園にて 佐世保市亜熱帯動植物園とパールシーセンターのエデュケーターの方たちと 今後の佐世保市の環境教育のプランを話し合う機会を持てる事となりました。今後、エデュケーターの方たちへ イベント等の参加をお願いする事があるかと思います。よろしくお願いします。

③3月23日 佐世保市港小学校にて 9:00~12:30 マミーおゆうぎ会&卒園式ワイルドではありませんが お近くの方はぜひ 遊びに来て下さい。実は、衣川はピアノ歴6年 合唱でピアノ演奏しちゃいます。(笑)

④3月29日  させぼエコプラザ(旧佐世保市戸尾小学校)にて イベント等のお手伝いを衣川がする事となりました。今回は、自然物を使い自由に創作する「ネイチャークラフト」を行います。時間は午前中に1回、午後に1回の予定です。 並行して「フリーマーケット」「かえっこバザール」も行われますのでお近くの方はぜひ お立ち寄りください。

***************
衣川圭太
佐世保市天神町1193-4
私立保育園マミー 0956-34-4406

batesman@jmail.plala.or.jp
PW長崎県 http://www5.plala.or.jp/pwnagasakiken/
ブログ   http://sotoasobi.exblog.jp/
by hayabusa00siki | 2008-03-07 08:51 | プロジェクトワイルド
大地といのちの会の中尾先生の指導のもと
味噌つくりを行いました。

まずは、味噌の材料が届くまでの間に
食育講座として どうして 食が大切なのか
なぜ味噌を作るのか?
どうして長崎県産の材料を使うのかを教えていただきました。

d0105749_9304016.jpg


画像で表示されているのは マミーの給食です。

d0105749_9314850.jpg


子どもたちも真剣に聞いていました。


d0105749_9322334.jpg

少々わかり辛いですが 味噌つくりの様子です。

どうして 味噌を作るようになったのかは
前回のブログでも 書いていましたが
今のよく 流通している味噌は 保存を優先にされています。
ですから、保存料などが入っている物がとても多いのが現状です。

さらに 見た目を良くするために 漂白剤までも入っているものがあります。

今回、使用した味噌の材料は・・・・

佐賀県産の大豆(圧力窯で炊いてやわらかくしてあります。)
米こうじ(九州産の米を使い波佐見町で作られました)
麦こうじ(長崎県産の麦を波佐見町で作られました)
天然塩(平戸市の塩炊き屋さんの海の塩)

この材料たちが選ばれた理由は ずばり!!!!

佐世保市に住む私たちと同じ気候で育ったものです。

佐世保の空の下で生活する私たちの体と同じ条件で育った材料たちですので
私たちの体に合わないはずはないですね。

材料たちをビニール袋に入れて 大豆は潰し・・まんべんなく混ぜて
こねていくだけ・・ すぐに下準備はできていますので 簡単にできます。


そして 各家庭に持ち帰り 自分のおうちで 発酵させます。
すると 出来上がりは みんな味が違います。

なんか 人間とダブりますねw
子育てみたいです。w


さぁ どんな味噌が出来上がるか楽しみです。



今回、お世話になったのは 原味噌本店さんです。
http://haramiso.com/
by hayabusa00siki | 2008-03-04 09:49 | 生ごみリサイクル・食育