衣川圭太の外遊び日記と一般社団法人マミー(マミー保育園・マミー学童クラブ)の出来事 sotoasobi.exblog.jp

「遊びが一番!とことん遊べ!」 食育・環境教育をしながら子どもたちとの活動日記 マミー佐世保市天神町1193-4 0956-34-4406 batesman@jmail.plala.or.jpマミーの子ども達の本「お野菜さんありがとう」発売中


by hayabusa00siki
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

15日は学童さんとその家族対象に陶芸教室を行いました。
半分以上の方たちが2回目、3回目参加でしたので 
みんな素晴らしい作品が出来上がりました。
もちろん、初めてでも大作を作っていた人もいましたよ。

毎回、いろんな方法をみんなが見つけてくれるのでとっても
勉強になります!!!!

d0105749_1201585.jpg
d0105749_1202459.jpg
d0105749_1204160.jpg
d0105749_1205380.jpg
d0105749_121558.jpg
d0105749_1212449.jpg
d0105749_1214727.jpg
d0105749_1221117.jpg
d0105749_1222862.jpg
d0105749_1232244.jpg
d0105749_1233799.jpg
d0105749_1235494.jpg
d0105749_124525.jpg
d0105749_1241467.jpg
d0105749_1242396.jpg
d0105749_1243390.jpg
d0105749_1244161.jpg



乾燥を行ない素焼きをして 釉薬をかけて また本焼きして 完成になります。
夏休みの作品には間に合うように なんとか・・・・

しかし、釜の中で残念ながら 割れてしまう事もあるので 
他にも夏休みの作品は 同時進行させておいて下さいね。


16日は海の日で いろんな所でイベントがありました。
皆さんはどこに出かけられましたか??

圭太はパールシーのスタッフの方たちと環境保全課の方と
「九十九島キッズクラブ」の下見の為に
九十九島のひとつである金重島に船で同行させてもらいました。

佐世保に住む 私たちにとって身近な九十九島は
とっても素晴らしい環境がそろっているそうです。
変化に富んだ地形のお陰で 様々な生息地があり 多種多様な生物が
生活を営んでいました。
そして この海で様々な棲み分けがなされており 貴重な生物もたくさんいるそうです。

d0105749_13315149.jpg

金重島です。 なかなか大きな島で キャンプなんかもできるそうです。
しかし、貴重な種もたくさんいる島です。

d0105749_13335474.jpg

d0105749_13341453.jpg

しかし、 遠めには、綺麗に見える浜でしたが 台風の後というのもあると思いますが
やはり ゴミがたくさんありました。
波打ち際を歩いてみると やはりありました。
d0105749_13361262.jpg

ニュースなどで 見たことはあったのですが 医療廃棄物・・・
針はすでに落ちていました。
この浜で一回りで 2本の医療廃棄物を見つける事ができました。
これは、とても問題な事です。
鹿子前海水浴場・白浜海水浴場とも とても近い距離ですし
日本全国の海水浴場でも・・・・ あるかもしれません。


しかし、一番残念だったことは、 今、ほとんどのメディアでは
海外からのゴミが流れ着いていると報道がなされていますが
今回、見た浜では当たり前の事かもしれませんが
98㌫以上のゴミは 日本製でした。

それがショックでした。 「海外、海外」と海外からのゴミばかり
言われていますが 今、自分たちの近所の浜を汚しているゴミのほとんどは
私たち、日本人の出したゴミでした。 それが当たり前でしたが とっても残念なことでした。

さて 今回の下見で 見つける事ができた(教えてもらったが本当ですが・・)生き物の写真です。

d0105749_13481963.jpg

浜の写真ですが 色が部分で違うのがお分かりですか?

正体は・・・・

d0105749_13491983.jpg


コメツキカニ君です。
この団子は、カニが一度口に入れて 砂についている微生物を食べた食べかすだそうです。
それが 無数に浜の色が変わるほどたくさん転がっていました。


d0105749_1353694.jpg


絶滅危惧種である貝です。名前は・・・?? 忘れました。・・・・

d0105749_1354348.jpg


コウボウ麦とコウボウ芝です。
あたりにたくさん生えていましたが とても貴重な種だそうです。
これは、言われないとわかりません。

d0105749_13554916.jpg


今から流れてきた水が すばらしい造形美を作っていました。

d0105749_13563464.jpg


佐世保市の花 「かのこゆり」 もうすぐ花が咲きそうです。

d0105749_1357255.jpg

ケ牡蠣というそうです。
d0105749_1358843.jpg

マ牡蠣というそうです。
d0105749_13584277.jpg

一つの岩で 数種の生物が棲み分けを行っていました。
d0105749_13595492.jpg

その岩のした方に住んでいるゴカイの仲間です。
「ゴカイ」???と聞いてどれが??と思いましたが
このウネウネとした 硬い石灰質に中にゴカイが住んでいるそうです。

となるとこのウネウネの中に生物がいるとなると とんでもない数の生き物が
この磯にいる事になります。
実は、地球上の生物の約70㌫の生物が磯にいるそうです。
そうなると ますます、九十九島ってすばらしい所ですね。
d0105749_14164735.jpg

サンゴの仲間だそうです。
一昔前は、見つけるのが大変だったそうですが 近年は良く見かけるそうです。
もしすると 水温の上昇が原因かもと言われていました。

d0105749_14184190.jpg

原始的な八枚の貝殻を持つ 「ヒザラガイ」 



d0105749_14224122.jpg

ひじきの群生です。
春に漁師さんが 刈り取りをするそうです。
でも 来年の為に根を残すそうです。

d0105749_14252953.jpg
d0105749_14254749.jpg
d0105749_1426451.jpg


スタッフの方が採取された 魚、えび、やどかりたちです。

もう、下見で行きましたが 自分がわくわくして ほとんど仕事ではなく・・・・
あっという間に 一時間半が過ぎていました。

生物の生息場所と環境教育の場として とても素晴らしい場所でした。
7/30、31に佐世保市内の小学生5、6年生といい経験が出来るのではと
楽しみにしています。
d0105749_1439128.jpg


スタッフの皆様 自分がはしゃぎ過ぎるのが心配ですが よろしくお願いします。
by hayabusa00siki | 2007-07-17 14:40 | めろん・ぶどう・ばなな組
ご協力ありがとうございました。       
マミーいしだけ園にて プロジェクトワイルドエデュケーター養成講座を無事終了する事が
出来ました。たくさんの方々に応援、またはお手伝いをして頂き誠にありがとうございました。
遠方は長崎市内からもお越しいただき 総勢13名での講座となり 
今回、新しく10名の有資格者が誕生し まずは、「自分たちから出来ることを!」と
使命感を持って、それぞれが熱く決意を持ったようです。
また、今回は、長崎県内初の講座でしたので 新しくプロジェクトワイルドの組織を
作る事と、長崎県内でぜひ 2回目も開講しようという話もありました。
環境教育プログラム「プロジェクトワイルド」は、環境省、国土交通省から
環境教育推進法における人材認定等事業に登録されています。
人材認定等事業とは、環境の保全に関する「指導者を育成する事業」または、
「指導者を認定する事業」を指し、その団体のひとつとして プロジェクトワイルドは
認められています。主な活動として ワイルドは、学校や野外活動において
「自然や環境のために行動できる人」を育みます。
保育園~小・中・高校や大学、動物園や水族館などでの環境教育や野外授業、
自然観察会等のイベントはもちろん、近年では、企業の職員研修等でも活用され 
人事育成の面でも取り入れられています。これからも マミーの子どもたちだけに留まらず 
子どもから大人のすべての人たちに プロジェクトワイルドを体験してもらい 
「気づきから責任ある行動へ」ご案内できるように 頑張るつもりです。
今後とも よろしくお願いします。
                                               衣川圭太
by hayabusa00siki | 2007-07-09 17:00 | プロジェクトワイルド
﨑辺中学校から 3人の職場体験を実施中です。
子ども達も「今日もこらすと?」と毎日楽しみのようです。
今日は、やっと 晴れ間が覗いてきたので
めろん、ぶどう、ばなな組さんと中学生とで
インゲン豆の収穫をしてきました。
みんな 器用に豆だけをつまんでは かごにいれていました。

曇りが続いた天気でしたが きゅうりは少しずつ大きくなっていました。
みんなで 切ってがぶり!!!

おかわりいいよ~~~~~と言う前に 
おかわりは なくなっていました。www

中学生たちは生ゴミリサイクルは始めてだったらしく
一緒に 生ゴミをまぜまぜしました。
d0105749_222753100.jpg


生ゴミリサイクルの意味を中学生に説明していたら
ぶどう組さん(4歳児クラス)の女の子が突然!!!
「び・さいくる!!!」

どうやら 微生物を使って生ゴミを分解させるリサイクル(土作り)を
自分なりに まとめたようです。
「微サイクル」 今後、この言葉、使わせてもらおう・・・・
by hayabusa00siki | 2007-07-05 22:32 | 生ごみリサイクル・食育