衣川圭太の外遊び日記と一般社団法人マミー(マミー保育園・マミー学童クラブ)の出来事 sotoasobi.exblog.jp

「遊びが一番!とことん遊べ!」 食育・環境教育をしながら子どもたちとの活動日記 マミー佐世保市天神町1193-4 0956-34-4406 batesman@jmail.plala.or.jpマミーの子ども達の本「お野菜さんありがとう」発売中


by hayabusa00siki
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2007年3月29日の活動

今日は、18年度 最後のいしだけえんという事で
子どもたちと ご飯と材料をもって いしだけ園にきました。

今回は、ちょっと観点を変えて・・・
食育のという所から いきたいと思います。

結果として!!!!
菜の花スープと おにぎりを食べました。

じゃ~~~~~~ん!!!!


d0105749_1461789.jpg


材料は、鶏肉(本当は骨つきの方が味がでますが 今回はムネ肉) 塩 しょうゆ
菜の花 だいこん 卵 です。

では、「食育」という言葉をまず 頭に入れてからご覧下さい。

まず、だいこんです。
このだいこん 本当は 材料ではありませんでした たまたま 子どもたちが
もう、収穫の済んだ 畑で見つけてきました。
d0105749_1410327.jpg


野菜は皮ごと切ります。 なぜでしょうか?

それは、 皮の役割を考えてみてください。
皮とは 外からの刺激や攻撃に耐えるため とても丈夫です。
すなわち 生き物を守っています。
現に 果物や野菜の皮を剥いて 中身と皮を放置すると
中身はすぐに 腐敗しますが 皮はナカナカ腐敗しません。
そうです。 皮には 坑酸化作用があるんです。
ですので この皮 捨てるよりは 食べてください。
食べる事によって坑酸化物質を体に取り入れる事ができます。
皮は 外部からの刺激から守る バリヤーです。
食べれば 体をバリヤーしてくれます。
d0105749_14304968.jpg

皮のまま かぶりつき!!!



だから マミーでは 給食で使う野菜は 皮付きです。
しかし、ジャガイモは気をつけてください。 
新ジャガ以外は 皮を剥いた方がいいです。


d0105749_1417372.jpg

皆さんは この部分どうしてますか?????
捨ててますよね。・・・・・・・
もったいないです。
ここにも 力があります。
マミーの玄関に置いていたニンジン 見られた方はわかると思いますが
ここだからこそ 芽が出る事ができます。
そうです。野菜の中で一番 細胞分裂が盛んで 元気がある場所なんです。
活性化された細胞がたくさん あるんです。
どんどんどんどん 新しい細胞が生まれています。
子どもたちには この力が いちばん必要ではないでしょうか?
どんどん 伸び盛りの子どもだからこそ 
この細胞分裂の盛んな箇所をたべさせましょう。
この部分は、「成長点」と呼ばれています。
ただ 食べると硬かったりしますよね。
だから・・・・・・・・

d0105749_14254961.jpg


細かく切ってしまいます。

で いちど だいこんを煮ます。
味付けに 塩、しょうゆを適当に・・・・・

だいこんに火が通ったら 鶏肉です。
そして 菜の花投入!!! できたら 菜の花は一度 お湯にさっと通しておきます。
小さな アブラムシがついている時がありますので

d0105749_14292736.jpg


で 一度 煮立たせればOKです。
後は 卵を投入!!
d0105749_14302533.jpg


お父さんへのオススメです。
この 鍋は 「ダッチオーブン」という アウトドア用の鉄鍋です。
重いですが スープ、煮物料理は 手間要らず とってもオススメの
アウトドア用品です。 いろいろな大きさがあります。
d0105749_14354160.jpg



そして この 菜の花スープと おにぎりを食べました。
おにぎり・・・・ これは お米の種ですよね??
種にも たくさんのパワーがあります。
ただ、白米はこのパワーが落とされています。・・・

だから マミーでは 3部つきのご飯なんです。
ご飯を炊く 数時間前に 精米しています。
だから 最小減の酸化で済みますので 味もいいんです。
最近、コマーシャルでも ○○雑穀など 目にします。
いいことなんですよ!!!!



食で必ず 体は変わります。

今年は、幼児組(学童を除く)では、30日現在
インフルエンザにかかった子どもさんは 数人
たまたまかも しれませんが マミーでは、
皮付き給食のお陰だと思っています。
by hayabusa00siki | 2007-03-30 14:57 | 生ごみリサイクル・食育

2007年3月28日遠足

マミーの遠足は 毎年 近場の天神公園です。
遠足といえば 遠くまで・・・・が本当ですが
移動時間よりは 遊んじゃえという事で
天神公園に行きました。 前日の雨のお陰で 
新緑のまぶしい元気な草木を見る事ができました。
d0105749_18501547.jpg

しゅっぱ~~~~つ

d0105749_18504631.jpg

1、2部咲きでした。


d0105749_1851718.jpg

メジロも花から花へ 忙しそうです。


d0105749_18523029.jpg


ダンボールですべるぞ~~~。

d0105749_1853160.jpg


いけ~~~~ ころがれ~~~~~~~!!!



今日は朝から みんな 「おはよ~~」の変わりに
「おべんとうもってきたぁ~~~~」と言っていました。
やっぱり おべんとう うれしいみたいですね。

カメラを向けると みんな張り切って お弁当を見せてくれました。

d0105749_18562587.jpg

d0105749_18563851.jpg

d0105749_18582929.jpg

d0105749_1859113.jpg

d0105749_194343.jpg
d0105749_194164.jpg
d0105749_194281.jpg
d0105749_1944115.jpg
d0105749_1945290.jpg
d0105749_195539.jpg
d0105749_1951784.jpg
d0105749_1953123.jpg
d0105749_1955049.jpg
d0105749_196229.jpg
d0105749_1962014.jpg
d0105749_1963453.jpg
d0105749_1964783.jpg
d0105749_197176.jpg
d0105749_197137.jpg
d0105749_1972850.jpg
d0105749_1974344.jpg
d0105749_1994929.jpg
d0105749_191078.jpg

d0105749_1993067.jpg

d0105749_19151942.jpg
d0105749_19154092.jpg
d0105749_19155761.jpg
d0105749_19161324.jpg
d0105749_19163587.jpg
d0105749_1917161.jpg
d0105749_1917317.jpg
d0105749_1917566.jpg
d0105749_19184575.jpg
d0105749_191945.jpg
d0105749_19191925.jpg
d0105749_19193954.jpg
d0105749_19202837.jpg
d0105749_19204341.jpg
d0105749_1921332.jpg
d0105749_19212324.jpg
d0105749_19213754.jpg
d0105749_19215716.jpg
d0105749_19221067.jpg
d0105749_19225736.jpg
d0105749_19231213.jpg
d0105749_1923258.jpg





いちごさんから めろんさんまでは お弁当の後 園に戻りました。

学童さんたちは・・・・・・・ まだ遊び足りないらしく・・・・・

d0105749_19291233.jpg


ただ たんに 覗いてるだけじゃ 終わらないのが マミーっ子です。
2、3日前から この菖蒲園に水が引かれました。
今から ドンドン いろんな生き物が姿を現してきます。
そこで 観察をしました。
今のところ 草地に水が入っただけ・・・・
だけど、1匹 おたまじゃくしがいたそうです。 さぁ 1週間後ここはどうかわるかな?
d0105749_19323323.jpg



帰る前に ネイチャーゲーム「カモフラージュ」を桜の木下でしました。
今回は、ちょっと意地悪して 難しくしちゃいました。w
d0105749_19335578.jpg

by hayabusa00siki | 2007-03-29 19:34 | めろん・ぶどう・ばなな組

2007年3月26日の活動

さぁ いよいよ 春休みです。
朝から「いしだけえん」に出発しました。
いつも土曜日なので 平日のみ登園の子も来る事ができて 張り切っています。
一年前の12月・・・ 冷蔵庫で休眠させていた クヌギのドングリを4月に
種としてポットに植えていました。 約40cmくらいに成長していました。
もちろん この土は リサイクル土です。
d0105749_22254056.jpg

d0105749_22495048.jpg


このドングリの木を 空いている斜面に植える事にしました。
なかなか 穴を掘るのに苦戦していました。
ほとんどの子が 木を植えるのは始めてのようでした。
帰ってきてから聞いてみると 本当にドキドキしていたようです。
d0105749_22502584.jpg

d0105749_22504018.jpg

d0105749_2251180.jpg

d0105749_22511941.jpg
d0105749_22515829.jpg
d0105749_22521435.jpg
d0105749_22522922.jpg
d0105749_22524236.jpg
d0105749_22525315.jpg
d0105749_2253121.jpg
d0105749_22534991.jpg
d0105749_22545584.jpg






こんなことを伝えてみました。
「君たちが大きくなったとき 君たちの子どもが
カブトムシやドングリを捜しに行きたいと言ったとき 
今日の場所に行っていいよ。 そして 探してごらん
探し終わった後に こっそり言うんだ この木は
お父さん、おかあさんが子どもの頃植えたんだよって言っていいからね」
すると 全員の顔が ものすごく柔らかいなんとも言えない表情を浮べていました。

はっきり言って 本当にびっくりしました。
こんなに穏やかな表情をするなんて!!
今後も 機会があれば 続けていきたい活動となりました。

3年前に 自分が植えたカリンの木の花です。
もう 2.5mほどに成長しています。
今年はたくさんの 花をつけそうです。
d0105749_2257652.jpg

by hayabusa00siki | 2007-03-26 19:21 | プロジェクトワイルド
今日は、終了式だったために みんな昼帰りでした。
大荷物を持って帰ってきました。 通知表はどうだったかな??

昼食を済ませた後に 天神公園に出かけました。
「さぁ 今日はなんば するとね?」
みんなで話し合った結果は、NG「いねむりおじさん」になりました。
バンダナで目隠しをした 山賊役の周りに宝物のおもちゃを置きます。
みんなは、目隠しした山賊に気づかれないように 忍び足で近づきます。
足音を立てたりして 気配を感じると 山賊が指差します。
すると 山賊には不思議な力があり 動けなくなってしまうんです。
だから 宝物を取り戻すために しのび足で じっくり進む事が大事になります。

このアクティビティは、静かにする為の前行動などに有効なようです。
忍び足をして 集中する事が大事になってきますので・・・・・・
d0105749_198879.jpg
d0105749_1981819.jpg
d0105749_1982718.jpg

目隠しした 山賊に気づかれないように 忍び足で 近づいてます。


NG「コウモリとガ」
コウモリ役は目隠しをして ガ役を捕まえます。
コウモリはガを捕まえて捕食する時、超音波を出して 探します。
超音波は、ガに当たると反射して コウモリに帰っていきます。
だから コウモリ役は、超音波を 頭の中から BIbibibibibibiibiとだし・・・
人間には、無理ですねw だから超音波の代わりに 「バット!!」と声を出します。
すると ガ役は「モス!!」と超音波を跳ね返さないといけません。
その帰ってきた超音波(声)を頼りに コウモリは餌のガを捕まえるのです。
大体は、みんな コウモリ役をやりたがります。
だから ジャンケンでまず コウモリ役を決めています。
コウモリ役を決めてから この時に目隠しをします。
次は、ガをジャンケンして決めますが 声を出さずにジャンケンします。
すると 誰がガになったのか コウモリは分からないのです。
何人のガがいるのかも わかりません。
多人数でする時は コウモリは1回 ガはジャンケンに勝てば何回も可能にしています。
このアクティビティでは、コウモリとガの立場 すなわち「食う食われる」を体験できます。
獲物を獲る事の難しさ 襲われる事の恐怖 を体感できますよ。
d0105749_198443.jpg

d0105749_1985745.jpg


NG「じゃんけん落ち葉集め」
まず、二人でじゃんけんをします。
勝った人は、落ち葉を一枚拾います。 負けた人はそのまま・・・
今度は、相手を替えて・・・ じゃんけん 勝ったら一枚拾う 負けたらそのまま
それを 時間内繰り返します。
d0105749_1995686.jpg

但し、同じ種類の葉は 拾うことができません。
そう このアクティビティは、いかにたくさんの種類の葉を集められるかという
アクティビティなんですね。 だいたいみんな 6、7枚の落ち葉を集めていました。
みんなで 輪になって 同じ種類だと思う葉を グループわけしてみました。
でも、やっぱり見分ける基準となるのは 色みたいでした。
d0105749_1994284.jpg

でも 落ち葉って 時間が経てば 色が変わってしまうんですよね。
同じ種類の葉なのに 色が違うからと 違うグループに分けられている葉が
たくさん ありました。 そこで葉を見分けるコツを教えました。
裏をみて 葉脈を比べると 違いが分かりやすいです。
すると だいたいの子が区別する事ができるようになりました。
d0105749_1910125.jpg


しかも 都合がいい事に くすのきの落ち葉がたくさん!!
くすのきの葉を握りつぶさせて 匂いを嗅いでもらいました。
「くわ~~~ いいにおい!!」だいたいの子がびっくりしていました。

そこで みんなでくすのきを探しにいきました。
かなり 大きな木が並んで立っていました。
実は、くすのきが並んで立っていることに始めて気がつきました。
こんなに近くに りっぱなくすのきがあったなんて 
天神公園で遊んだ時は ぜひ探してみて下さいね。
いいにおいですよ。!!!
d0105749_2312379.jpg

by hayabusa00siki | 2007-03-26 19:10

文化

子育てって大変ですね。

よく 「男の人なのに 大変ですねぇ~」と言われます。
でも 大変って思ってませんよ。

自分は、子どもと同レベルになれますのでw
たまには 一緒に廊下を走って他の先生に怒られています。

「うちのお父さんは ぜんぜん 家の事しないんですよ」
たまに こんな事も言われます。

耳が痛いですね。・・・・自分も家に帰れば 父親です。
同じ事を 言われます・・・・・・・・

お父さん 大丈夫ですよ。
みんな 言われてます。wwww

「ぜんぜん 遊ばないんですよ」
ハイ 自分も
よく 言われます。「バイクばっかりして!!」

なぜ 世の中のお父さんたちは 似たような事を言われるのか???
そう、すこしずつ すこしずつ 世の中が変化してきました。
昔は、男は仕事!子育ては女の仕事だ!!ってのがセオリーでした。
しかし、変化して 専業主夫として 子育てをしているお父さんもいますよね。
すごいことです。 先日もTVでそんな家庭の模様を見ました。

だから 「がんばれ!!」



でも そんな事は分かってますよね。お父さん
がんばってるんです。 特にマミーで 子育てに参加してないお父さんはいません。
そうみんな お父さんは子育てに参加しようと 頑張ってるんです。

でも でも でも・・・・
子育てに参加の仕方が分からないのではないのでしょうか?
どうやって 子どもと遊んであげればいいのか?
どんなタイミングで トイレにつれていけばいいのか?
わがままいう我が子をどうしたらいいのか?

どうやって 接したらいいのかがわからないんですよね???

マミーは、自分が小学3年生の時に 園長が椎木町で始めました。
そうなんです。 それからずっと 園長がマミーで 子育てをしていました。
それを観ていたので 今、なんの抵抗も無く 子育てに参加できてます。

まぁ・・・・・ 「まだまだじゃ」という 声が聞こえそうですが・・・・・


実は、子育てって 文化なんです。
文化だから 伝えられていないことは 後世に伝える事ができないんです。

これまでの 日本のお父さんたちは 子育てに参加していませんでした。
だから 今のお父さんたちも 苦手なんです。

お父さんたちが 子どもの頃 やって貰ってないから わからないのでは???

だから お母さんたちへ お願いです。
教えて下さい。 子育ての方法を こんなとき あんなとき 
そのときどきに すこしずつお願いします。
「やさしく おしえて下さい。」 「○○してねぇ」と できるだけやさしくw



子育て 2回目に続く・・・・・
by hayabusa00siki | 2007-03-25 16:47 | 子育て
今年もみんな 頑張ってくれました。
涙で・・・・・ と演技ができなくなる子はいなくて
みんながそれぞれ 100パーセントの力を発揮してくれました。
やっぱり 子どもの力は素晴らしいですね。

今回のそつえん式には いのちと大地の会の吉田先生のオススメで
子ども達が 自ら漬けた たくあんを卒園記念品の一つとして
そつえん式を行ないました。
菜の花ももちろん めろん組みさんが 土をつくり 種から
育てた菜の花です。 お気づきの方はいたでしょうか?
実は、普通の菜の花と水菜(サラダ菜)の花も入ってたんですよ。
おいしい野菜も きれいな花を咲かせるんです。
d0105749_19131017.jpg



たくあんのような 根性で新しい世界に飛び出せ!!めろん組のみんな!!

d0105749_23145295.jpg

d0105749_2315744.jpg

d0105749_23152615.jpg

d0105749_23154237.jpg

d0105749_23155881.jpg

d0105749_23161245.jpg

d0105749_23163244.jpg

d0105749_23164882.jpg

d0105749_2317089.jpg

d0105749_23171765.jpg

by hayabusa00siki | 2007-03-25 16:00 | めろん・ぶどう・ばなな組

2007年3月16日の活動

佐世保市内の小学校は 卒業式だったために
子どもたちは 昼で下校してきました。
6年生を送り出し 自分たちも新たな決意で帰ってきたようです。
まぁ 「はらへったぁ~~」が帰ってきての第一声でしたw

昼食を済ませてから 年長「めろん組」と合流

年長「めろん組」9人
学童1年~4年 26人 を3グループに分けました。

机の囲んで いきなりスタートです。
伝えたのは 「この紙に 水と聞いたら 何があたまに浮かんでくる??」
「水から 産まれてくる言葉はなに?」
「テーマは み・ず!!」
「ほい かけ~~~~~」の号令で みんなチンぷんカンぷんのまま
スタートになりました。
d0105749_13542859.jpg


しかし、誰かが誰かを助け 誰かにヒントを与え 誰かの言葉を覗き込み
とりあえず 全員が紙に 水から考えた言葉を記入し終わりました。

d0105749_1414910.jpg

「うみ」「ぷーる」「すいどう」「かわ」「たき」「しずく」
これらを 模造紙の上で分類して 分けました。

分けた上で グループ化するために ぐるりと鉛筆で囲みを作ります。

そして グループからグループに 「→」を引かせます。
例えば、「水溜り」→「川」→「海」となります。
ここまで くれば後は簡単・・・・
あれれ 「海」は、終わりじゃないよ・・・・
「海」から→・・・ 雲ないじゃん 
じゃ ここに 雲を入れよう 
じゃ 雨もいるね
d0105749_1482562.jpg


おお つながったよ~~~~


d0105749_14102557.jpg



そして どんどん どんどん 矢印が伸びていき
空の横には 「神様」まで いるグループが出てきましたw

そして ある程度 できたところに 
もうひとつのテーマ「植物」を入れてみました。
すると 植物に関しては 鋭くなってきた子どもたち・・・
もう止まりません。・・・・・
時間がなくなってきたので 強制的に終了となりましたが とても
いい作品ができました。
d0105749_14153526.jpg


おやつを食べた後に 雨降りの日だったので
実際に 外に出て 確かめてみました。
雨降りの日だからこそ このアクティビティを選んでみました。
そして 水の循環は見えたのでしょうか?
d0105749_1415209.jpg


感想を子どもたちに書いてもらいました。
■みずって すごいなぁと思いました。1年男子
■水がどこにいって いろんな事に使われている事に気づきました。1年女子
■水はどうやって プールや海になるのかがわかりました。2年男子
■水が繰り返しをしているんだなぁと思った。2年男子
■外に行って 改めて自然が見えました。 自然はいいなぁ3年女子
■みんなで話すという事がいちばんいい 4年女子

子どもたち自信が 「水」の事を引き出して お互いで
理解しあう事ができました。



プロジェクト・ワイルド 
「みずのことば」
by hayabusa00siki | 2007-03-21 14:22 | プロジェクトワイルド

2007年3月10日の活動

朝から雲行きが 怪しくなってきました。
出発する頃には だんだんとポツポツと落ちてきました。
今まではの外遊びでは、雨の日は中止だったので 子どもたちも
ちょっと不安のようす。
バスの中では 「あああぁぁあぁ」とため息が多く出ていました。

いしだけえんについた頃には 雨の日と表現できるほどに
降ってきました。
子どもたちは なんもできんねぇ~~~~~と大きなため息・・・

しかし、私にとっては 待ちに待っていた展開となりました。

いつものように 生ごみリサイクルをさっと済ませて
雨が降ってきたことも あって子どもたちは テキパキと
素晴らしい手際で どんどん作業を進めていましたwwww

作業が済んだ所で 畑の真ん中で 手を広げてもらいました。
雨の落ちてくる中ですので もちろん手に雨が落ちてくるのを
感じることができます。
10秒間 雨を感じてもらいました。

その後 畑の隣の 雑木林・竹林へ移動
d0105749_10234242.jpg



ここでも 同じ用に10秒間 手を広げて 雨を感じてもらいました。
場所によっては 手にまったく落ちてこなかった子もいるようです。

その後、みんなで 林と雨について 話し合ってもらいました。
葉っぱの役割から 土、落ち葉、根っこのこと等 
少しずつ 「気づき」が連鎖を起こして みんなで いろんな事を共有できました。

そして 一段落した所で 音に注目してもらうために
ネイチャーゲームのひとつ 「音いくつ」
指を使い 音を数えて貰いました。
「トリこえ すげ~~~いっぱい」 久しぶりに いしだけに来た子が
はじめに気づきました。 雨の日・・・・ 案外 人間のイメージでは
自然の中は シーンとしていると思ってしまいます。
しかし、違うんですね。 雨は恵みの時 雨の森では いたるところで
賑わっています。 今日は これを感じてもらいたくて 
雨の日でしたが 外に出ることにしました。
案外 いいものですよ 雨に日のサンポ!!!

ただ、気をつけないといけないのは 「雷」
「雷」の音が聞こえた時点で 早めに避難した方がいいそうです。
実はかなりのスピードらしく 「音」=避難と TVで見ました。

この後は、 林の中で自由時間・・・
1番目 「せんせ~~~~~~ きて~~~~」

d0105749_10391840.jpg

かなり大きな 虫こぶが 5個ほど ひとつの木に出来ていました。

2番目 「せんせい========== きて!!!!!!」

d0105749_10403949.jpg

おそらく 鳩のようですが 羽が固まって 落ちていました。
さっそく 集合して 現場検証が始まりました。

しかし、残念ながら 羽以外には何も見つける事ができませんでした。
しばらく みんなで 現場をうろうろ ホジホジしていると
「うお~~~~~ こい????なん????」
d0105749_10503822.jpg


二枚の葉に挟まれて 動物の毛のような もじゃもじゃを発見!!!

すぐさま 「う○ち!!」だれかの言葉に 「うん」

さっそく 建物の中で 解体が始まりました。
d0105749_105302.jpg

d0105749_10531950.jpg

写真でも わかるように 毛がウジャウジャ すごい集まり方です。
臭いはありませんでした。

葉を外して
d0105749_10572642.jpg


中をハサミで切って開きました。







d0105749_10584298.jpg






中に・・・・・






d0105749_10591025.jpg





d0105749_10593073.jpg





中から出てきたのは どうやら 何かのサナギのようです。
すでに 虫は出てしまった後のようで・・・・ 

結局 動物の排泄物ではなく 虫の巣でした。
だれか ご存知の方は 教えてください。 なんの虫なのか・・・・



d0105749_114187.jpg

この日は 陶芸仲間が 本焼きをしていたので ちょっと見学
d0105749_1144177.jpg

by hayabusa00siki | 2007-03-21 11:04 | プロジェクトワイルド

2007年3月3日の活動

ずいぶんと 温かくなりました。
d0105749_23254327.jpg

もうずいぶんと蜂が飛んでいます。
蜜蜂は、13℃以上になると活動し始めます。
この写真の蜜蜂は、日本蜜蜂です。
養蜂さんで飼われているのは 西洋蜜蜂なんです。
そして 蜜蜂は足に花粉をつけて持ち帰ります。
この足にはバスケットのように花粉をいれる事ができるんです。
持ち帰った花粉は 蜜と練り合わせて 幼虫の餌にします。


d0105749_2330013.jpg

リアカーに生ごみを乗せて GO~~~


d0105749_23304832.jpg

いつものように生ごみリサイクルです。

今日は、PLT(プロジェクトラーニングツリー)の活動
じっくり観察する。木を書こう

をしてみました。
まず、頭の中で想像しながら 「木」の絵を描きます。
d0105749_23331288.jpg

d0105749_23332555.jpg

建物の中で 書きました。しかし、なかなか想像で書くのは
難しいもので すぐに 消しごむで「ゴシゴシ」 「ゴシゴシ」ばかりで
進まないので 消しごむは使わないように 言いました。

d0105749_23352830.jpg

展望台へ移動します。

d0105749_2336058.jpg
d0105749_23361323.jpg

やはり すぐに木を決められずに うろうろする子
「かいたぁ~~~」と2分で終わらせる子
「あと5分あるから 決めた木をどんどん書いていって
時間ぎりぎりまで 1本の木を書くんだよ」というと やっと全員が書き込み始めました。

d0105749_23404218.jpg

イメージ画
d0105749_234117.jpg

スケッチ画


d0105749_23415039.jpg

左スケッチ画   右イメージ画

d0105749_23423577.jpg

イメージ画
d0105749_2342562.jpg

スケッチ画


d0105749_23431786.jpg

イメージ画
d0105749_23433510.jpg

スケッチ画

今回の活動は 本当に静かに淡々としていました。
森の中で いい具合に 心を落ち着かせるアクティビティでもあると感じました。
もちろん、木に対しても「枝が多かった」「ごつごつしてた」などの気づきを持ってもらえました。



d0105749_23472260.jpg

やっと鳥の写真に成功しました ヒヨドリちゃんです。
椿の花を一生懸命 ついばんでいました。
by hayabusa00siki | 2007-03-03 23:39 | プロジェクトワイルド
中央消防署の講堂で研修がありました。
今までに 何度か研修を受けていますが
やっぱり いざとなると 混乱してしまいます。
今回の研修では 話には出ませんでしたが
一般には、心肺蘇生法はテレビドラマの影響か
間違った知識があるようです。

シーン○○
病室の中で・・・・・
心電図が・・・ ピッコン・・ピッコン・・ピッコン・・
患者さんが「うっ」・・・
心電図が・・・ ピ~~~~~~~~~ッ・・
看護士や医師が バタバタと走ってくる。
患者が寝ているベットの傍らに立ち 
心臓マッサージと酸素マスクをプシュー・・
そして 電気ショック(除細動といいます)で
ど~~~ん
そして 運がよければ 心電図が・・ピッコン・・ピッコン・・ピッコン・・

よくあるドラマのシーンですね。
でも 間違いがあります。

まず心臓マッサージをする時は
ベットの傍らに立ってなんて できません。
人間の体はそんなに柔らかくないし、ベットがマッサージを吸収してしまいます。
だから ベットに寝ている患者さんを 跨いでベットの上でするんです。
しかも、体の下には板をしいて行います。

それと電気ショック(除細動)で ど~~んとしたからといって心臓は生き返りません。
言葉では難しいのですが 心電図での
ピッコン・・ピッコン・・ピッコン・・
     と
ピ~~~~~~~~~ッ・・
の間に ぴぴぴいぴぴいぴぴいい みたいな心臓の痙攣が起きます。
この時 痙攣を起こしている心臓にマッサージをしても
効果がほとんどありません。ですから 電気ショックを与えて
痙攣を取り除くのです。
その後に 心臓マッサージと人口呼吸を行うんですね。


研修の内容に戻ると・・・
最近は「大人・子どもへの心肺蘇生は
人工呼吸2回 心臓マッサージ30回
大人も子どもも共通の回数」
になったそうです。 いいことだと思います。
わかりやすくて・・・ 
やり方は「心肺蘇生法」で検索していただければ
詳しいサイトがありますので そちらがいいと思います。

しかし、自分は一生使う事のない技術であって欲しいです。
by hayabusa00siki | 2007-03-03 21:41 | 研修