衣川圭太の外遊び日記と一般社団法人マミー(マミー保育園・マミー学童クラブ)の出来事 sotoasobi.exblog.jp

「遊びが一番!とことん遊べ!」 食育・環境教育をしながら子どもたちとの活動日記 マミー佐世保市天神町1193-4 0956-34-4406 batesman@jmail.plala.or.jpマミーの子ども達の本「お野菜さんありがとう」発売中


by hayabusa00siki
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2012年11月17日地球の水・津田堅之介さんスライドショー&トークショー

■17日(土)の報告
午前中は、環境教育プログラムを使って、「エコカルタ」「水の力」「地球の水」「地球ボール」を行いました。
午後は、津田堅之介さんのスライド&トークに参加して、マミー学童は最前列で 楽しんできました。質問コーナーでは、いい質問もたくさん出してくれていました。

9:00 集合&出欠
9:10 アイスブレイク「リスと木」
9:40 エコカルタ
10:30 プロジェクトWET
11:40 地球ボール
12:00 昼食
13:20 パールシーへ移動
14:00 津田さんのトークショー
15:30 記念撮影
15:50 パールシー出発
16:20 おやつ ふりかえり
17:00 終了 

○新しいバスの運転手さんと 早く仲良くなってもらおうと思い アイスブレイクをしました。
3人ひと組のアクティビティで 二人が手をつなぎ 一人が中に入り いたずら天使が「漁師が来た!」「木こりが来た!」「嵐がきた!」と掛け声をしてどんどん人間が変わって行くアクティビティをしました。

d0105749_1914997.jpg

d0105749_192758.jpg




○長崎県地球温暖化防止推進センターの作った環境カルタ「エコカルタ」を使って カルタをしました。読み札には環境に関する言葉が使われ、普通のカルタとは違い、おしりの詞を取るカルタです。
商品に、ツシマヤマネコのステッカーや絵葉書を使いました。
環境に関する言葉がうまく表現されていて 遊びながら使えるカルタです。


d0105749_1923927.jpg

d0105749_19386.jpg

d0105749_194385.jpg






○プロジェクトWET「水のオリンピック」
・10円玉にスポイトで水を落として 何回の水を落とすことができるのかを挑戦しました。10円玉の上で 水が引き合い 水同士がくっつく動きを体験しました。凝集という水の力です。

d0105749_1934752.jpg


d0105749_194123.jpg


d0105749_1942735.jpg



・コップにいっぱいに水を貼り そこに10円玉を入れていきます。すると水が盛り上がり、10円玉に吸いつきます 凝着という水の力を体験してもらいました。

d0105749_1953030.jpg



d0105749_196698.jpg


d0105749_1954841.jpg


d0105749_1962111.jpg


d0105749_1964120.jpg



○プロジェクトワイルド「地球はどれくらい濡れているの?」
ビーチボールタイプの地球ボールで 直径が約50センチあります。
「もし、地球がこの大きさだったら???」ということで 地球の水がどれくらいあるのかを 子どもたちと話をしながら 進めていきました。


①もし地球が50センチだったら・・・
②地球にある水を集めると・・・200ml
③海水と真水に分けると・・・・海水194.4mlと真水5.6ml
④さらに 飲める水と飲めない水に分けると 飲めない水5.36ml 飲める水0.04ml

地球が直径50センチだと わずか1滴の水を世界中の人が分けあっていることに 子どもたちはびっくりしていました。

○地球ボールを飛ばす
ネットを持って 全員で地球ボールを何回飛ばすことができるかを挑戦しました。
初めは、乱暴に 自分の楽しいように飛ばしていた子どもたち
でも、それではきれいに飛ばずに すぐに落ちてしまいます
何度か挑戦するうちに 掛け声が出てきました。
そして 適当に乱暴にしていた子どもたちも 周りを見て 地球のために少しずつやり方を変えていく様子が見えました。
1回飛ぶのを1年・・として数え、15年飛ばすことができました。

子どもたちから 自分勝手なことをしててもダメなんだね。
みんなで 一緒に考えながら やらないとダメなんだね。
乱暴な事をしていても ダメなんだねという言葉が出ました。
d0105749_1972582.jpg






○津田堅之介さんスライドショー&トークショー
昆虫の写真で有名な栗林慧さんのお弟子さんで 28年間、動物や昆虫を取り続けられ さまざまな本や図鑑、TVでも掲載されている素晴らしい写真家さんで、実はマミーいしだけ園の上のいしだけ展望台でもよく写真を撮られています。

子どもたちは、次々に変る生き物たちの写真にのめりこんで見ていました。
うわ~!!おお!!という歓声がよく出ていました。
質問コーナーでは、「好きな動物はなんですか?」「嫌いな動物は何ですか?」「一番難しかった動物はなんですか?」などなかなかいい質問をしてくれていました。
終了した後も 自分たちで津田さんの所に行って 質問している子どもたちもいました。

d0105749_1982943.jpg


d0105749_1984869.jpg



d0105749_1993765.jpg

d0105749_19101293.jpg
d0105749_19102678.jpg
d0105749_19104516.jpg







子どもたちが見た写真
・ウスバカゲロウ
・ツルの北帰行
・アカハラダカ
・ニホンアナグマ
・たぬき
・キツネ
・シジュウカラ
・フクロウ
・カモシカ
・鹿
・ニホンザル
・ヘラクレスオオカブトムシ
・蝶類
・グンタイ蟻
・葉キリ蟻
・サイ
・ゾウ
・トラ
・熊
などなど

あっという間の1時間30分でした。


d0105749_19115794.jpg


今日の子どもたちのふりかえり

一年生のふりかえり
・猿は人間の仲間
・鹿の鳴き声がすごかった
・地球は乱暴にしたらいけない きちんとみんなが地球を守る
・10円玉に落とす水は30回越えた方がいい
・地球で70パーセントがが海
・地球に乱暴にしないで守る
・エコカルタで1枚のカードと最後のシールをもらった
・地球の海(水)を集めると200mlの水がある(地球を50センチにしたら)
・地球を蹴ったらダメ 地球を守る
・地球の海の方が陸よりも多かった

二・三年生のふりかえり
・地球は 70パーセントが水なのがわかった
・地球を飛ばすとき、息をぴったりと合わせて大切にする
・地球の70パーセントの水はたったの200mlです
・トラはお尻から獲物を食べる
・グンタイアリは 途中で食べられそうな虫がいると食べてしまう
・津田堅之介さん 今日はありがとうございました。
・飲める水は0.04mlしかないから大切にする
・猿は何種類いるかわからない
・猿は強い猿しか猿のお風呂に入れないから 弱い猿はお風呂に入れないから、弱い猿は湯の通るパイプにしがみつく

4年生のふりかえり
・水は近くにあるものにくっついた
・熊はなわばりの近くの木を削っている
・津田さんに聞いて 撮った時にうれしかった写真はツルだった
・グンタイアリの女王を探すのは大変そうだった
・ヘラクレスオオカブトは出てきたばかりの樹液しか飲まない
・ヘラクレスオオカブトの幼虫は 木が倒れてから幹に入って育つ
by hayabusa00siki | 2012-11-17 19:13 | 学童クラブ